2017年11月12日

直通信634

 11/7日が立冬 その後は快晴続き、11/11.12日と天童将棋駒祭りが有りましたが、参加した有る方が言ってました。 例年と違い駒の展示数が少ないと言ってました。

 また、 村川邦次郎氏が逝去されたと言っていました、昨年と一昨年将棋駒祭りの会場でお会いした時は元気になられた様子でした。同郷の方が亡くなられたと聞いて寂しく成ります。M氏宅より北に12キロ行った所に小生の生家が有ります。

2015.11月直通信483前後に一昨年村川氏に依頼され黒柿の駒箱に拭き漆を行なう。完成した駒箱が掲載されている

posted by 正直と息子オックン at 20:38| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

直通信633

20171104 (1)a.jpg
  前回の直通信632に書き込みました、天童将棋駒祭りのポスターを工房の壁に貼りました。
 会場に行けば顔見知りの方にお会い出来ると思いますが、今回は行けそうに有りません。


 今日は晴天で気温も穏やか、
 「とのこ」砥粉について 
 粘土(黄土)を焼いて粉にしたもの、砥石を山から切り出す時に出る石の粉末。
 刀剣を研いだり、刃物を研いだ時に出る研ぎ汁、木材の色付け・塗装下地・目止めに用いたり、漆器の下地の原料として用いる。

 将棋駒制作時に砥粉を水で練った後に、漆(瀬〆)でも練ってサビ漆として彫り埋めに使用する。

 平箱について
 これまで多くの平箱を造って来ましたが、 製作後記 平箱に砥粉を塗って仕上げる時、砥粉を塗って乾いた後に、両手に軍手をして白蝋を軍手にすりこむ、白蝋が付着した軍手で砥粉を塗った面に白蝋を摺り込む様にして全面をこする。こうすれば余分な砥粉は軍手に付いて取れる。

 完成した平箱は粉が手に付く事が無く汚れにくくなる。

  

posted by 正直と息子オックン at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

直通信632

 季節が移り10月も終わりです、この時期の台風は珍しい、近くに有る、都立木場公園で開催されていた「江東区民祭り」予定では28・29日でしたが、28日は小雨の中開催されましたが、29日は台風接近予報が有り中止に成りました。
 会場が広い為多くの出店が有るので買い物などが楽しみでした。

 木枯らしが吹いた今日は、枯れ葉に混じって緑色した銀杏の葉が強風で飛んでいます。

 11/1曇天でしたが気温は穏やか、駒木地加工が続く。

 来る11月11.12は天童の将棋祭りが東京駅丸の内側南口にありますキッテビルで有ります。

 


posted by 正直と息子オックン at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

直通信631

 近頃日没が早くなりました、東方の中天には月齢17日の月が綺麗に見えました。
 
 夕刻に来訪者が有り懇談の後に、駒製作の時に角度を正確にする時に、摺り冶具(あればすご便利)として製作した物を求めていかれました。

 製作中だった駒木地も完成する。
 
 先週はバスで穂高方面に行けたのに、昨日は寒かった季節か移り、日にひに寒くなるのでしょう。
 
 平箱の製作は内張り貼りの素材で受注者と意見が合わづ断りました、来週は駒木地の成型が有ります。

 直通信628にある駒台を愛棋家I氏が求められて、自身のブログに楓とモミジについての記事が有りました。学術的な違いは解りませんので、小生は銘木店の言うなりに表記してきました。




posted by 正直と息子オックン at 22:01| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

直通信630

 季節も移り秋の気配を感じるこのごろです。25.26と孫を連れて上高地などに行く、両日ともに快晴でした。添乗員が述べていましたが珍しいそうです。

 工房では駒木地の成型中で材は島黄楊赤柾他・・・・・・

20170925 (14)a.jpg
▲上高地の河童橋の下を流れるのは梓川の清流 


20170925 (20)a.jpg
▲近年噴煙が確認された焼岳 黒く見えるのは逆光のため

20170926 (27)a.jpg
▲ロープウェイの終点西穂高口駅から見た笠ヶ岳

20170926 (28)a.jpg
▲西穂高口駅から遠くに穂高連峰の槍ヶ岳も見えた




posted by 正直と息子オックン at 11:20| 東京 ☔| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

直通信629

 季節は移り、「暑さ寒さも彼岸まで」の諺が有る様に来週が秋の彼岸、陽気としては丁度良い季節です。


 あすは新木場に行きます。


posted by 正直と息子オックン at 14:15| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

直通信628

  今夏はジリジリした暑さも無く過ぎたようです。先に印籠型駒箱をご購入された愛棋家I氏が
 卓上盤用の駒台(楓の縮み杢)を購入されたと自身のブログに掲載有りました。
 こうして多くの愛棋家に使用されて作品が、後世まで残る事は嬉しいです。
平成15年夏作成

20151021 (1)a.JPG
▲完成した駒台 天面と側面の各角は7厘の銀杏面加工を取ってあります。
 ※市販の銀杏面加工の金物は一番小さいサイズでも1分(3o)までで、7厘サイズ小生は特注して造ってもらいました物、
20151022 (3)a.JPG
▲桐の台指し(収納箱)に収めた所、台指しは少し緩く出来ています。

20151022 (1)a.JPG
▲台指しを真田紐で結んだ所。


posted by 正直と息子オックン at 11:15| 東京 🌁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

直通信627

 季節は移り明日が8月最後の日、いつのまにか蝉時雨も止み、草むらからは秋虫の声が聞こえて来ます。

 来週からは駒材の板木地の加工が始まります。

先日4チャンネルの24時間テレビを見ました。特に興味深かったのは作詞家「時代をつくった阿久悠」を見た。珍しかったので最後まで見ました。
その阿久悠が没して10年、生誕80年






posted by 正直と息子オックン at 16:36| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

直通信626

 ヤット青空も見えて普通の季節に戻った様な気候です。
 
 先日来製作していた桐の平箱が完成いたしました。今回は個数もまとまった個数でした。その中から駒師のY氏に指示を受けられている方からの要望で余分に製作しました。
 その方は自分でも駒を製作している方で、完成した作品を平箱に並べて楽しんでいるようです。人それぞれの楽しみ方が有ります。

 九月下旬に家族で遠出致します。


posted by 正直と息子オックン at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

直通信625

 八月に入り連日の雨、これが記録だそうです、13日の大祭は曇り空で水掛祭りの異名が有るこの祭りも水を掛けて欲しくない位でした。

 製作途中だった桐の平箱が完成、内箱の落し蓋のツマミの加工は、丸型彫刻刀で削り込むが深いところは薄いため白熱灯に照らすと明かりが透けて見える。
 ツマム所の細長く残ったところに、薄い桑材を貼る


20170817 (1)a.jpg
▲落し蓋にツマミが付いたところ




posted by 正直と息子オックン at 19:39| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする