2017年06月23日

直通信615

梅雨が続いている中、数日前は本降りでしたが、昨日と今日は晴れ間があります。

20170620 (2)a.jpg
▲箱の表面に鎌倉彫を施した入れ物で、貼り合わせた処はどこも無い、素材は樺桜か、無垢材を彫りを、彫り込んだ物で、内箱に将棋駒を並べられる様にしたいとの要望が有りましたので、布を貼り仕切り棒は固定式にすると融通が利かないので移動可能にする。

20170620 (1)a.jpg
▲こちらは島桑でした、こちらも布貼りと、仕切り棒は、移動可能とする。

20170617 (9)a.jpg
▲ヒモ付きの駒箱、ヒモ加工は愛棋家のM氏が行なった、その後に拭き漆は当方で行なう。

posted by 正直と息子オックン at 11:44| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。