2017年06月07日

直通信612

   いよいよ、梅雨入りが多くの各地で宣言されました。各自とも健康には特にしなければ成りません。

  印籠型駒箱の第一・第二グループも、すべて多くの愛棋家の元へと届けられる事になりました、作者冥利につきます。
 残りました第三グループも、もう直ぐ完成しそうです、次の愛棋家への旅立ちが楽しみです。

 早い時期に、愛棋家からご注文が有りましたのが五月二十五日で、台指し(桐箱)も欲しいとの要望でした、桐箱屋に箱を注文しましたが、次々と追加ご注文が有りましたので、その都度箱屋にも追加でお願いしてきましたが、桐箱屋さんが多忙のせいかまだ一個も出来てきません。

 出来てきましたら署名と落款を押すのですが、ただただ申し訳有りませんと言うだけです。


20170530 (1)a.jpg
▲残った第二グループの三個の内T氏は二個です。




posted by 正直と息子オックン at 16:16| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。