2016年10月03日

直通信588

 昨日は快晴そして今日は曇りから雨に晴天が続きません。

 冶具が出来ましたので、印籠型駒箱天板に四隅落ち加工を行う、予想以上の出来


20161002 (2)a.JPG
▲完成した冶具、(四隅落ち加工用)

20161002 (1)a.JPG
▲冶具に駒箱をセットして四隅落ち加工をする、

20161003 (1)a.JPG
▲底辺から19o上がった所で二つに伐る、伐った上下の切り口に黒柿の紐を付ける。(伐った面にはヤトイザネドメの仕口が見える)

20161003 (2)a.JPG
▲以前購入した漆はチューウブの中で経年で、漆と溶剤が分離しているので練り直した後に詰め替えをする事に。

posted by 正直と息子オックン at 20:19| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。