2016年09月22日

直通信586

 台風16号が過ぎても、今朝から大粒の雨降っています。

 オークションに小生作の駒台駒箱のセットが出品されています。随分と前の作品に見えます。
 違いの
 @は駒箱の留め加工、出品作は傭枘留(ヤトイホゾドメ)ですが、現在は傭核留(ヤトイザネドメ)がです。
 Aは拭き漆の工程で出品作は拭き漆の前に着色が無い事、現在は着色として阿仙薬で行っている(この工法は古代色にする為)
 いずれにしても懐かしい作品です。

 工房では印籠型駒箱の天板を嵌め込めが済んだところ。 

posted by 正直と息子オックン at 16:32| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。