2016年09月25日

直通信587

 長雨が上がり薄日が差す曇り空、新木場の銘木店に行く、現在製作中の工程で冶具を作ることにする。


オークション中の駒台駒箱のセット気になります。




posted by 正直と息子オックン at 21:59| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

直通信586

 台風16号が過ぎても、今朝から大粒の雨降っています。

 オークションに小生作の駒台駒箱のセットが出品されています。随分と前の作品に見えます。
 違いの
 @は駒箱の留め加工、出品作は傭枘留(ヤトイホゾドメ)ですが、現在は傭核留(ヤトイザネドメ)がです。
 Aは拭き漆の工程で出品作は拭き漆の前に着色が無い事、現在は着色として阿仙薬で行っている(この工法は古代色にする為)
 いずれにしても懐かしい作品です。

 工房では印籠型駒箱の天板を嵌め込めが済んだところ。 

posted by 正直と息子オックン at 16:32| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

直通信585

 気象情報では台風16号が九州南岸に近づいている、今年の台風は北海道や岩手などでは大変な被害が出た。
 無事に過ぎていって欲しいと願う。
 ここ数日は気温も下がり長袖が欲しいくらいです。

 工房での作業は左肩を痛めた為に捗りません、肩の回復を待って進めます。

 連日の報道が有ります、豊洲市場への移転問題、建物が出来てからの解決は難しい様に思う、 私は詳しい内容は知らなかったでは、済まされない事だと思うが。どこかで決済されたから工事が進行したと思うが。


posted by 正直と息子オックン at 20:56| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

直通信584

 印籠型駒箱は内箱と外箱の組み立てが済みました、この時点で内外(ウチソト)の摺り合せがどうかを確認します。天板と底板を固定してからでは、摺っているところが見えないのでここで行う。

 側板を切るとき内箱の方をハガキ一枚分(外箱の内法+0.3o)短くカットしていますが、今回は上手く出来ていました。

 来週には天板と底板を固定します。


posted by 正直と息子オックン at 13:14| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

直通信583


 9/15日午前中外出、印籠型は留め伐りが終わり、傭核留(ヤトイザネドメ)の溝切りも終わったので、核(ザネ)を入れながら内箱と外箱の組み立ても昨夜で終わる。

 次の工程は外箱には天板と底板を入れる作業。


20160707 (4)a.JPG
▲島桑根杢扇形に成っているので木取りの際は直線は出来ないので、60mm厚をスライスする事にする。

20160916 (1)a.JPG
▲上の素材から側面用材が85取れました。天板と底板用が24枚取れました。
  外箱と内箱の組み立てが終わった所。

20160916 (2)a.JPG
▲外箱には天板と底板を付ければ、底部から17oのところで二分割にいします、底部に内箱を入れる。
 二分割された面に黒柿の紐を付ければ形は出来上がります。天面には四隅落としのRを付ける。





posted by 正直と息子オックン at 14:02| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする