2016年06月22日

直通信567

 ここ数日西日本、特に九州地方の短時間集中豪雨が報じられている。自然現象になすすべがない。

 先日上京された愛棋家K氏が来訪された時に持参された、駒一組当方に依頼したい事が有るとの事、話を伺いまして直ぐに手配をしました。

 16/23日は昨夜からの雨が降り続いている、思うこと東京の水源のほうに降ってもらうといいのですが、
上京されていた愛棋家K氏は帰り際に挨拶の連絡が有りました。お互いのご健康を祈る。

 愛棋家W氏からも一本脚駒台と隅丸駒箱を受領して感激の連絡が有りました。今回は楓の棋具でしたが、ぜひ島桑の駒箱が欲しいとの事、駒箱は在庫がありますので近いうちにご案内できます。

20160620 (10)a.JPG
▲K氏が持参された「豊島作の安清書、盛り上げ駒」薩摩黄楊柾

20160620 (1)a.JPG
▲駒は小振り、かなり使い込んでいる様子、

20160606 (6)a.JPG
▲再度留めの支口を(図書館で探した物)

20160531 (1)a.JPG
▲擦り冶具(駒天・駒側・駒尻)三点セットで駒木地の微妙な角度を修正する時に使える。

posted by 正直と息子オックン at 07:44| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

直通信566

 夜半からの雨、西日本には 大雨警報が出ている、シトシトの慈雨を望みたい。

 東京都知事寂しい見送りと、どこまでも人間性が問われているですが、

 昨日の午後に先に櫓型駒台を納品しました、愛棋家が上京されたついでに工房にご夫婦で訪問頂きました。しばらく懇談の後に近くに有るM碁盤店に行く、以前ネットに出ていた将棋盤を見せていただきました。それにしても店主は大変だと思いました、重い盤をつぎつぎと見せてもらいました。感謝感謝です。

 製作が遅れていた駒台駒箱のセットを本日発送できます。ペーパーの擦り跡も全部修正できたので自信を持って思い残さず発送できます。


20160621 (1)a.JPG
▲台指(桐製の収納箱)に入れたところ

20160620 (15)a.JPG
▲収納前に楓の縮みもくが良く出ています。

20160620 (22)a.JPG
▲隅丸駒箱(二個は傭核留一個は傭枘留)

20160620 (28)a.JPG
▲拭き漆は横に置いた駒木地写るような仕上げに

posted by 正直と息子オックン at 08:57| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

直通信565

 取水制限始まる。水源地の雪不足と降水不足のようです。


 完成がマジカになって、木地仕上げの時に使用した、ペーパーの擦り跡が光の加減でうっすらと見えて来たので、拭き漆を一度剥がしてもう一度やり直す事にしました。
 後世に残る作品にしたいの思いから。

20160616 (3)a.JPG
▲右二個が剥がした物左が剥がす前

20160616 (1)a.JPG
▲消しゴムにペーパーを貼って剥がしているところ。

posted by 正直と息子オックン at 15:18| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

直通信564

 今日は朝からどんよりとした天気、テレビではあれやこれやと東京都知事の問題報道、

 三月にW愛棋家から製作依頼がありました駒台・駒箱の完成がもうすぐ、あと数回磨きと拭き漆を繰り返せば完成です。


20160615 (7)a.JPG
▲駒台の脚の中間に嗜好を凝らす加工が、

20160615 (1)a.JPG
▲この隅丸は二個が傭核留(ヤトイザネドメ)、1個は衽留(チギリドメ)とする。三個をお送りしてどれかを依頼者に選んでいただく予定です。

20151130 (5)a.JPG
▲楓縮み杢 卓上二寸盤用駒台、上の駒台駒箱と共木

posted by 正直と息子オックン at 15:36| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

直通信563

 昨日は梅雨入りしてから本格的な降水量があった。

 そんななか、仙台で活躍中の駒師から嬉しい贈り物が届く、名入りの栞、次に掲載しましたのでご覧下さい。師には贈り物用の栞の製作を依頼しました。

20160612 (1)a.JPG
▲近くの都立公園で、

20160614 (1)a.JPG
▲H駒師から届いた栞です。記念品用に製作を依頼する。

20160614 (7)a.JPG
▲ただいま製作中の駒台

20160614 (2)a.JPG
▲駒箱と栞、

posted by 正直と息子オックン at 09:34| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

直通信562

 梅雨に入ったばかりですが、今日は暑くなりました。
七月中旬の暑さとか、

 楓の駒台と駒箱の拭き漆を始める。上手く杢が出てくれるといいのですが。

20160610 (3)a.JPG
▲楓の一本脚駒台と駒箱、拭き漆はまだ三回目 まだまだこれからが大変です。来週には完成させたい。

posted by 正直と息子オックン at 18:31| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

直通信561

 梅雨時の天気か朝からスッキリしない天気です。


20160607 (2)a.JPG
▲傭枘留(ヤトイホゾドメ)にした木地が完成です。

20160606 (7)a.JPG
▲傭枘留(ヤトイホゾドメ)にしている所。

posted by 正直と息子オックン at 14:00| 東京 🌁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

直通信560

 例年通りの入梅宣言がありました。農作物には無くては成らない慈雨はいいが、度が過ぎると被害が出る時もあります。

 隅丸駒箱も一工程進む、

20160606 (2)a.JPG
▲掲載の写真は隅丸駒箱の天板には四隅落の加工を。

20160606 (6)a.JPG
▲図書館で探した支口のいろいろ右から衽留(チギリドメ)・傭核留(ヤトイザネドメ)・傭枘留(ヤトイホゾドメ)

20160606 (7)a.JPG
▲隅丸に傭枘留(ヤトイホゾドメ)、外箱は四隅にRを付けてから天板に四隅落加工、内箱は枘をRに合せ る加工、これで木地は完成です。



posted by 正直と息子オックン at 13:39| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

直通信559

 入梅入りはまだですが、昨日は北海道函館からホットなニュース、幼い子供ですが良く頑張ったと、報道を聞いていて感涙。それにしても東京都知事の会見は情け無い。
 5/5(日)午後から図書館で漢字の調べ物を、下の●の文字を確認する。

 現在製作中の隅丸駒箱木地完成までもう少し掛かります。右二つは天板に四隅落としの勾配を付ける、左の1個には四隅に衽留(チギリドメ)加工をしてから隅丸にします。天板は四隅落しにし衽留(チギリドメ)の製作は暫く振りになる、(遅れている駒箱も完成までもう少しの所まで)

 ●傭核留(ヤトイザネドメ) トウシンのブログに有るとおりでした。
 ●傭柄留(ヤトイホゾドメ) 支口は(これまで契りとありました支口)同じですが文字はこの様でした。 
 ●衽留(チギリドメ) 支口は似ていますが文字がこの様でした。

20160604 (2)a.JPG
▲楓の隅丸駒箱、一本脚とセットですが箱は余分に製作して、依頼者にどれか一つを好みで選んでいただく予定、

20160524 (2)a.JPG

▲一本脚駒台の木地は先に完成している。

 ※駒箱とセット製作なので駒箱の木地が完成してから拭き漆の工程を、同時進行する事に依って仕上がった時の色合いが同じになる。



posted by 正直と息子オックン at 17:52| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする