2016年04月27日

直通信549

 いい陽気になりました。駒師熊澤さんからメールが届きました。
 昨秋シンガポールから帰国された、愛棋家K氏が揮毫を依頼されていったのが完成したのです。
 両氏了解の下当ブログにも掲載しました。
 愛棋家の竹井氏が同じ作品を所蔵していますので、この箱と同じ作品は二個のみです。

 仕事で判らないと事が出た時などは、近くに住む職人のところに行きます。
 今日もそんな事があり職人を訪ねましたと所、今回の叙勲で黄綬褒章が決まりましたと言ってました。良い建具職人です。おめでとうございます。授賞式は11日と言ってました。

 
 現在製作中の駒台と駒箱の製作依頼者愛棋家のK氏より嬉しいメールがありました。
 製作途中の経過は随時ブログに掲載しておりますが、K氏もご覧になっている様で、完成が待たれる様子が有りました。自分でも記録に残るような出来と思っております。


  

039a.JPG

▲愛棋家K氏に納品した時のもの

037a.JPG

▲太目の文字良く縮む事無く乾燥したと思います。

031.JPG


20160426 (10)a.JPG

▲改修した漆室

20160426 (9)a.JPG

▲拭き漆の作業中



posted by 正直と息子オックン at 08:32| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

直通信548

 漆室を修理した後の成果は

 今朝の作業は拭き漆駒台1セットと、角の駒箱を六組費やした時間は約二時間でした。
 普通に遣ってこの時間です。漆が乾燥すると又良くなります。

20160426 (1)a.JPG
▲拭き漆二回目


20160426 (2)a.JPG
▲拭き漆二回目

20160426 (4)a.JPG
▲駒台の木地と同じ素材で駒箱も

20160426 (5)a.JPG
▲同上

20160426 (6)a.JPG
▲同上

20160426 (7)a.JPG
▲前のと素材が異なる

20160426 (8)a.JPG
▲同上

20160426 (3)a.JPG
▲一月初めに乾燥しなかったのが今回は乾燥した

posted by 正直と息子オックン at 07:02| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

直通信547

 晩春から初夏に入ったような陽気、昨夜から考えていた漆室の改修に掛かる。考えていた以上に痛んでいる、この際気が付いた事は修理しようとホームセンターに行き材料の手配から。
 14:00にはまあまあの所まで出来ました。

 昨日から始めた4本脚駒台の拭き漆しを、前回の作業から約三年振りになりますか、このくらい間が空くと手順を忘れている、駒台一組と駒箱五個の拭き漆しを行いました。
 室の温度は28度、湿度は26%まあまあか。拭き漆しよく拭き取ることこれを怠ると乾いた後が大変な事に成ります。

posted by 正直と息子オックン at 14:47| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

直通信546

 今朝の外気温は16度半袖では少し寒く感じます。


20160422 (4)a.JPG

▲天板に脚のホゾと幕板の溝

20160421 (4)a.JPG

▲幕板の仮組、

20160422 (3)a.JPG

▲脚には幕板の溝、

20160421 (2)a.JPG

▲脚を8部目まで入れてから接着剤を付けてから叩き込む、

20160423 (5)a.JPG

▲組み立て完成、

20160423 (3)a.JPG

▲組み立てが完成、

20160423 (6)a.JPG

▲横からのアングル

20160423 (2)a.JPG

▲斜め上からむ

20160422 (6)a.JPG

▲駒台の素材と同じものからは駒箱も

posted by 正直と息子オックン at 09:06| 東京 ☔| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

直通信545

 陽気は暖かさが増しておりますが、そんな中最近の報道で体調を悪くしました。昨日は掛かり付けの医師のところに行き相談した所、安定剤を処方されました、今朝は少し楽に成っています。
 熊本地方の方を思うと勝手な事と思いますが、人それぞれだと思います。


20160422 (1)a.JPG
▲この冶具は45°にカットする冶具

20160422 (2)a.JPG
▲これは45°にカットされた面にヤトイサネの溝を突く冶具

20160422 (3)a.JPG
▲脚に上と下の幕板の溝を空けたところ、

20160422 (4)a.JPG
▲天板の裏に脚のホゾ穴と幕板の溝を付いた所

20160422 (5)a.JPG

▲そーホゾ穴に仮に脚を入れた後に、ボンドと共に足を入れて金槌で打ち込む。

20160422 (6)a.JPG

▲同時進行している角の駒箱、杢の違うのを10個製作中です。

続きを読む
posted by 正直と息子オックン at 10:22| 東京 🌁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

直通信544

 今月14日に発生した熊本地震相次ぐ余震や本震など納まりません。避難生活も長引き、避難場所も無く屋外での避難も多く、全く全体がははく出来ていないのが実情のようです。

 昨日の夕刻愛棋家M氏が工房に来て行きました、氏からは駒箱の木地製作を依頼されていて、数日前に出来ましたと連絡しました所です。駒箱の手掛け部分に自分で加工したいところが有るそうです。加工が済んだ後に組み立てと拭き漆しを行うことになります。


20160414 (1)a.JPG
▲上のが通常の手掛け(構え)部分の形、下がM氏希望の形、

20160420 (3)a.JPG
▲通常の形(奥山型)は他にも同時に進行しているのが有ります。次の工程は天板を四隅落としにすれば木地は完成します。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 06:29| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

直通信543

櫓型駒台の部材加工も幕板が済めば、残りは脚部材の幕板が入る溝のみ、来週には組み立てが出来ます。そして拭き漆しの工程です。
  
 つぎは楓縮み杢材での一本脚駒台と隅丸駒箱の木取を始めます。

20160415 (1)a.JPG
▲櫓型駒台の幕板の挽き加工が済みました。

20160413 (1)a.JPG
▲幕板の罫書

※2016-4-16 K新聞の記事 同じテレビを観ましたが感じ方に相当差がありました。
 以下はK新聞の記事を転載しました。

 今年一月に放送開始10周年を迎えたNHKテレビ「プロフェッショナル仕事の流儀」。月曜夜10時25分という遅い時間からの放送だが、自分の仕事と生き方に確固たる流儀を持つ仕事人に密着した情報・ドキュメンタリー番組として注目度が高い◆今週11日に放送された、若き焼き鳥屋店主・池川義輝(44歳)の話も圧巻だった。日本一予約が取れない焼き鳥屋といわれるが、弟子入り当初は失敗の連続。弟子を変えたのは「自分を出すな、素直になれ」と言う師匠の言葉だった◆将来は独立したい、どんな店にするかと焦って自分を見失っていた弟子を、師匠は叱咤した。「自分のことばかり考えているから、いいものが焼けない。もっと素直になって、相手のこと(お客さんに喜んでもらうこと)を考えて焼け」と◆念願の独立から10年、今も師匠譲りの流儀を追及する池川さんだが、「自分を出すな」とは、私利私欲や自己保身に溺れるなというこどだろう◆有権者に真摯に向き合い、国民の為の政策を実現していく。それが政治家の仕事だ。政策無視の離合集散、不祥事も絶えない中で、政治家の「仕事の流儀」が問われている。(鈴)


posted by 正直と息子オックン at 06:19| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

直通信542

 熊本で発生した地震、被害に遭われた方々に謹んでお見舞いを申し上げます。
 それにしても報道に関わる方に申し上げたい。事実は事実として受け止めますが、繰り返し繰り返しの報道は如何か思います。
 関西の方のブログに「報道は淡々と事実を報道すべきです。」と有りました。特にひどいと思うのはリポーターの絶叫に近い声

 櫓型駒台の部材加工も幕板が済めば、残りは脚部材の幕板が入る溝のみ、来週には組み立てが出来ます。そして拭き漆しの工程です。
 
 つぎは一本脚駒台の木取を始めます。

20160415 (1)a.JPG
▲櫓型駒台の幕板の挽き加工が済みました。

20160413 (1)a.JPG
▲幕板の罫書

※2016-4-16 K新聞の記事 同じテレビを観ましたが感じ方に相当差がありました。
 以下はK新聞の記事を転載しました。

 今年一月に放送開始10周年を迎えたNHKテレビ「プロフェッショナル仕事の流儀」。月曜夜10時25分という遅い時間からの放送だが、自分の仕事と生き方に確固たる流儀を持つ仕事人に密着した情報・ドキュメンタリー番組として注目度が高い◆今週11日に放送された、若き焼き鳥屋店主・池川義輝(44歳)の話も圧巻だった。日本一予約が取れない焼き鳥屋といわれるが、弟子入り当初は失敗の連続。弟子を変えたのは「自分を出すな、素直になれ」と言う師匠の言葉だった◆将来は独立したい、どんな店にするかと焦って自分を見失っていた弟子を、師匠は叱咤した。「自分のことばかり考えているから、いいものが焼けない。もっと素直になって、相手のこと(お客さんに喜んでもらうこと)を考えて焼け」と◆念願の独立から10年、今も師匠譲りの流儀を追及する池川さんだが、「自分を出すな」とは、私利私欲や自己保身に溺れるなというこどだろう◆有権者に真摯に向き合い、国民の為の政策を実現していく。それが政治家の仕事だ。政策無視の離合集散、不祥事も絶えない中で、政治家の「仕事の流儀」が問われている。(鈴)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 07:09| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

直通信541

 桜花の季節は足早に過ぎていきました。
20160408 (2)a.JPG
▲駒箱の手掛け部分の罫書が済んだところ。

20160414 (1)a.JPG
▲二種類の手掛けを

20160413 (1)a.JPG
▲四本脚駒台の幕板と袴に罫書き



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 19:03| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

直通信540

 夜半から雨音、雨と他に風もり有り櫻も散り急ぐでしょう。

 第74期名人戦第1局129手で羽生名人の勝ち、
 大盤解説会には所用があり参加出来ませんでした。

 明日は駒箱の製作を進めます。削りだした板を外箱用と内箱用に切断後にさらに45°にカットから、

20160407 (1)a.JPG
▲四本脚駒台、脚の挽き加工が済んで、次は天板と脚にはホゾと幕板と袴の溝を突く作業が、




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 09:19| 東京 ☔| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする