2015年01月29日

直通信372

T氏所蔵の駒箱の数々の中にはこんな箱書きがありました。 
 駒師熊沢良尊氏作 第18期竜王戦第2局に使用 蓋裏に作者の箱書きが有る。

P1010855a.JPG
▲ 島桑(網目杢)隅丸 駒師熊沢氏の箱書きがあます

P1010865.jpg
▲書体名を所有者のT氏に聞きましたところ、メールに写真が添付されて来ましたのでアップしました。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 11:17| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

直通信371

 先日ご連絡がありました方が、今日の午後に関西の愛棋家T氏が工房にこられました。
 東京にお住まいの子供さんに、孫がお生まれに成ったので、夫婦で上京されたとの事,まずはおめでとうございます。
 T氏とは数年ぶりの再会となります。持参された写真に驚きました。小生作の駒箱が隅丸など合計30個以上と平箱も10個ほどと、駒収納ケースが3個など驚く数でした。オークションで買ったのも有ると言ってました。
 中でも桑製の収納ケースは優れものです。


P1010817a.JPG
▲桑の網目杢で製作したもの、桑の平箱が10個収納できます。正面から見たところ

P1010818a.JPG
▲斜め上から見たところ

P1010815a.JPG
▲前蓋を外した所

P1010800a.JPG
▲島桑の網目杢で製作した隅丸の駒箱、同じ杢で六個製作しました。










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

直通信370

 1/22・23王将戦第2局は156手で挑戦者郷田九段が投了し、渡辺王将が2連勝となるパソコンで見ていたが、終盤は見ごたえがありました。

 先日から作業を始めていた盛り上げ台が、駒尻を書く時のヤトイ部分を残して完成です。

20150124 (1)a.JPG
▲製作終盤の盛り上げ台、販売可

20091002_IMG_ (2)a.JPG
▲H氏にお納めした櫓型 同一の板材から駒台と駒箱を木取したので、全体に同じ様な模様になってる。

20091002_IMG_ (6)a.JPG
▲駒台と駒箱の天面を写したところ。

 ここで言っている櫓型とは火の見櫓から来ている様だ、最近都会では見かけることは有りませんが、
地方に行くと三本脚や四本脚を見かけることが有ります。
前回の直通信369にも記載があります。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 19:54| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

直通信369

 ここ数日は寒い日が続く、今日は冷たい雨も降っている、工房での作業は駒木地の成型と、盛り上げ台の製作です。駒木地は今夕には依頼者に発送します。
 1/12日に盛り上げ台3台のご注文が有りましたので、材料を揃えてから製作を始めている。
 
 1/22日に関西の愛棋家からの連絡で、1/26日に上京するので工房に伺いたいとの事、T氏とは2009.8.15日に氏宅にお伺いして以来になります。
 その時は櫓型(四本脚)の駒台と駒箱のセットのご注文を頂きまして、思い出に残る作品をお納めしたことがありました。
20091002_IMG_ (2)a.JPG
▲H氏にお納めした櫓型 同一の板材から駒台と駒箱を木取したので、全体に同じ様な模様になってる。

20091002_IMG_ (6)a.JPG
▲駒台と駒箱の天面を写したところ。

 ここで言っている櫓型とは火の見櫓から来ている様だ、最近都会では見かけることは有りませんが、
地方に行くと三本脚や四本脚を見かけることが有ります。
 当時は情報の伝達に使用していた火の見櫓も、時代の推移に伴って伝達方法も変化しています。
20090528 (10)a.JPG 
▲ある時旅に出たときに見かけた櫓 脚は3本だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 17:27| 東京 ☔| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

直通信368

 
1/18日 今日行なはれる、女流名人戦第1局に予告どおり小生作の駒箱が使用されています。所蔵者は関西駒の会メンバーH氏の物です。素材は楓の玉杢か・・・
 1/19日 関西駒の会のメンバーH氏より、女流名人戦で使用された楓の駒箱がメールに添付されてきました。H氏の棋具が使用されるのはたびたびに成りました。ますますのご健闘を祈っております。

kk048.jpg
▲楓の駒箱(隅丸)(玉杢・ラッカー仕上げ)

20150118 (1)a.JPG
▲八重洲ブックセンターのエレベーター内に掲示してある個展の案内
 会場はそれほど混んでなかったが、知り合いの愛棋家とお会いしました。

 指物師・恩田氏の駒箱や厨子などの出品がありました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

直通信367

 昨日は孫を連れてバスで出掛ける。

 作夜遠い地域から駒木地についてのお問い合わせがありました。成型された木地を少し直したいようでしたが、小生が成型に使用している冶具は微調整が出来ないのでお断りすることに。

1/12日の午後から木地師S氏宅を訪問する、いろいろと参考になる話を直接聞くことが出来ました。さらに新規木地成型するときに試しに使う板木地を沢山頂いたので、リックに一杯つめて帰ろうとした所。
 S木地師は駅などの階段等で転倒されたら大変だと言われ乗用車で送りますと、結果として深川の工房までお送り頂きました。S氏は60歳台後半ですが、運転はとても丁寧で安全運転でした。
 ありがとうございました。

20150113 (1)a.JPG
▲木地師S氏からお譲り頂いた沢山の板材、これは試し用に使う予定です。

 三時過ぎには駒研のM氏と愛棋家M氏からも連絡が、盛り上げ台と桐の平箱の問い合わせでした。

 1/12日午前には、愛棋家Tからも嬉しい連絡頂をきました。それぞれに良い一年である事を祈る。

posted by 正直と息子オックン at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

直通信366

昨日に続いて日本橋に向かう、川瀬巴水の回顧展を鑑賞に、昨日はあまりの混雑で人の肩越しの隙間からしか観る事が叶わなかったので、もう一度いや何回でも観たいという干渉に駆られる。今まで見たことの無い作品群です。

 数日前までは、作家の名も知らなかったのに、なぜこの様に惹かれるのか、不思議でなりません。
 会場の係りの方に要望したことは、関係者に諮って、常設展示場を作るなどして、作家・版元・スケッチ・彫師・摺り師・作品・いろいろな点を解説していただきたいと思う。
 
 ビデオで芝増上寺の一点を解説していましたが、なんと摺りの工程が42回と言ってました。出来上がった作品は絵の様で版画の作品とは思えないほど素晴らしかったです。

 版元の渡辺庄三郎という強力な理解者が居た事も良かったです。生涯で残した作品は600点、今回の展示品は250点、良い作品に魅せられた素晴らしい一日でした。

20150111 (13)a.JPG
▲明日まで開かれている日本橋高島屋

20150111 (12)a.JPG
▲高島屋のショウインドー

20150111 (11)a.JPG
▲高島屋のショウインドー

20150111 (10)a.JPG
▲高島屋のショウインドー

20150111 (17)a.JPG
▲川瀬巴水を紹介したもの






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 18:51| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

直通信365

 寒中お見舞い申し上げます。
 暦の上では小寒ですが、寒さはこれからが本番、まだまだ寒い日が続きます。
 各位におかれましては、風邪には十分ご留意の上お過ごし下さい。

 今回は、愛棋家竹井粋鏡氏の所蔵品で小生作の一部を再掲載いたしました。

 1/10正午前、九州の愛棋家K氏からの連絡で、来週に上京予定との事、遠くから上京するとなれば、アッチもコッチもとお寄りしたい所が多くあると思いますが、その中から当工房を選んで頂いたことに感謝です。
 今回は愛棋家のE氏も同行予定とか、楽しみにしております。駒師児玉さんの個展にも行きたいと言ってました。
 
 午後二時頃には指物師が工房に来られたので、小生作の作品について意見を聞きました。傭核留の事、内箱と外箱のすきま、などなどをいい参考になりました。

 午後三時頃から日本橋高島屋で開催されている、川瀬巴水の回顧展を観に行く。
 会場は大変な混雑で、明日再度観に行くことにしました。




20121024 (1)a.JPG
▲制作年月は不明、数年前に拭き漆の再工程の依頼をうけ、全面をサンドペーパーを掛けてから、拭き漆を繰り返し行いました。多くあった指先の爪の擦り跡も綺麗に取れました。

20121102 (15)a.JPG
▲透かしつきの印籠型駒箱、高さを将棋盤の下に収まるようにしてあります。

20120928 (1)a.JPG
▲櫓型駒台天板の四隅をボーズ面加工にし柔らか味をだす。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村続きを読む
posted by 正直と息子オックン at 09:39| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

直通信364

 今日から仕事始めが多いようだ、工房の前の通りはお勤めに行く人と来る人話し声でにぎやか・・・・
 昨日のブログに書き込みました、王将戦に関することで、昨夜の内に返事が有りました。第44期王将戦でした。

 棋譜も添付されています。ご返事下さった方は愛棋家で兵庫県在住で、小生作の棋具を所持されています。

第44期王将戦は、谷川王将に羽生竜王・名人が挑戦し、三勝三敗で迎えた第七局は77手で千日手となり、指し直し局は111手で先手の谷川王将が勝って王将位を防衛、対局場は青森県「奥入瀬渓流ホテル」でした。

posted by 正直と息子オックン at 21:38| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

直通信363

 新年明けましておめでとうございます
 1/1日子供と一緒にアクアラインを通り千葉県の金谷「うみべの湯」へ行って来ました。
 途中の海ホタルで休憩して一回り、晴れていて景色もよく見えました。温泉も海のすぐそばで熱めのお湯で快適だった。午後二時半ころに小雪が舞う中帰路に着く・・・・

 1/4日(日)日差しがあつて穏やかな日です。明日から駒木地加工を始める予定。大学箱根駅伝を聞きながら、三が日も拭き漆の作業を進めていました。
 1/4日、関西駒の会のメーンバーから嬉しい便り、出雲文化伝承館で1/19日か行はれる、女流名人戦第一局で小生作の駒箱を使用する予定とありました。里見女流名人の近況を知らない小生には、体調は回復されたのか気になります。小生作の棋具が多くの愛棋家に支えられる一年になる事を嬉しく思う日々です。

ご存知の方教えてください
 将棋王将戦て゛雪の十和田湖の近くで、対戦されたのを知りたいのです。
 第何○○期の何○局目か、対戦者は誰か、勝者は、棋譜は有りますかなどです。宜しくお願いいたします。

20150101 (5)a.JPG
▲海ホタルの5階から木更津方面を望む


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 20:27| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする