2014年05月28日

直通信 312

 直通信 312
  月日の経過が本当に早く感じます。
  去る5/26日愛棋家のM氏と駒作家のH氏が揃っての訪問を、話しはいろいろはずみました。H氏からは駒天の擦り治具の感想がありました。
 木地を成型している方に依って、角度がばらばらなのがあるとの事、そんな時に老生が製作している、駒天の擦り治具が手元に有るので重宝していると言ってました。この治具がお役に立っているのが嬉しいです。

20140527 (4)b.JPG
▲駒天擦り治具の説明


はアルミのレールに直角に固定されている、 駒天の高さ位置に合わせてサンドペーパー  を細く切って貼る(サンドペーパーの裏には接着剤が付いている)


は手前から奥に向って85°の傾斜が付いていて、駒をセットした時には駒尻と駒天が垂直に なる、駒木地に依って角度調整が出来る蝶ネジと右のナットを緩めて赤いビニールが挟まっている所に何枚かを挟んで、角度を合わせた所でネジを締めて固定する。


は駒天の角度調整が出来る、治具は144°に成っています。調整は蝶ネジを緩めて左右に動か して駒木地の角度に合わせてから、蝶ネジを締めて固定する。

駒の角度.jpg
▲上の治具の説明でのそれぞれの角度は、αが80.5度、βは117.5度、γは85度。念の為、駒天の角度は、144度に設定されています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 15:10| 東京 ☀| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

直通信 311

 直通信 311
第72期名人戦は挑戦者の羽生三冠が4連勝で、名人位に復位して終了しました。これで羽生4冠と成った訳で、次ぎに行われる棋聖戦では森内竜王の挑戦、竜王戦の挑戦者に羽生4冠が成るかもしれません、棋聖戦と竜王戦で防衛と奪取が出来れば、再度の7冠が可能かと期待します。

 昨年の5/22に突然体調不良となり、救急車で運ばれ即入院集中治療室のベッドに、診察の結果は脳内出血でした。大過無く11日で退院出来ましてから、ちょうど一年が経ちました。

20140523 (1)b.JPG
▲最近完成した盛り上げ台。


20140523 (2)b.JPG
▲台の中心部の字具を変えると駒の表と裏の盛り上げが出来る、駒尻用に変えれば作者名や書体名の盛り上げが出来る


20140523 (3)b.JPG
▲桐材の平箱、昨日将棋教室の先生をしている、愛棋家のK氏からの連絡でお弟子さんに差し上げたいので、送って欲しいと依頼がありました。


20140523 (4)b.JPG
▲工房では駒木地の成型中。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 10:50| 東京 ☀| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

直通信 310

 直通信 310
第73期将棋名人戦第4局が二日目に入りました。カド番の森内名人が次ぎに繋げるのか、挑戦者の羽生三冠が一気にタイトル復位と成るのか、

 駒製作に関っている数名の方から、盛り上げ台の在庫確認の問合せが有りました。数年前に製作を止めていたので在庫が有りませんと返事をしていましたが、今回制作しました。

20140521 (1)b.JPG
▲台の表面です。裏側から左手の指先で回転できるようになっています。駒をセットしている所を、駒尻用に変えると駒尻の作者名や書体名などの作業が出来ます。



20140521 (2)b.JPG
▲裏側で、円盤を回転させるところです。


20140520 (3)b.JPG
▲これは駒天の擦り治具です。微妙な角度調整ができます。上の棒の駒天が接する面にサンドペーパーを貼って治具を前後にいどうすれば、駒天の難しい所でも簡易に仕上る事が出来ます。右利き方の場合、作業時は写真左を手前にします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 11:43| 東京 ☔| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

直通信 309

 直通信 309
 風薫る5月 数日前の早朝震度4の地震、昨日は天候が急変し雨やヒョウが降った、気候に左右される職業の方は大変です。
 名人戦第三局は挑戦者の羽生竜王が勝って三連勝、復位まであと一勝とした。森内名人の巻き返しを期待したい。

14,5,8名人江藤.jpg
▲名人戦第3局将棋盤の上に有るのは島桑(網目杢)の印籠型、連盟のブログを見まして作風からみて老生作と解る。


20140406 (8)b.jpg
▲愛棋家E氏に納品した時の2個(丁寧な拭き漆を繰り返し行う事で、表面は鏡面になっている)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 18:44| 東京 ☀| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

直通信 308

第85期棋聖戦挑戦者決定戦は森内竜王が勝って、羽生棋聖と戦う事になる。

 今朝早く練馬の愛棋家から連絡がありまして、老生の知り合いの製材所行って欲しいと、こちらはいつでもOKと言う事で昼前に工房に到着されました。四寸の足つき将棋盤を卓上盤にするとの事、勿体無いと思うが用途に合った盤にするのも理に叶っています。
 はじめに、新木場の製材所に行って三寸盤に製材、つぎは木工加工所に製材した面を手押しカンナで削る事に、両方とも上手く出来てよかったです。
 工房に戻り暫くぶりの懇談、氏は話題が豊富で楽しいひと時を享受する。工房近くの和風レストランで食事をご馳走になる。
 氏の益々のご活躍を切望して分かれる。
 
 ただいま工房では島桑材で隅丸の駒箱を制作中です。
 土曜日あたりに気分転換に見頃の藤の花を観に行く予定です。
 
 愛棋家T氏(竹井粋鏡)の依頼で製作した中将棋の駒箱を再掲載しました。
 このときの逸話、製作前にT氏からこの様な箱を製作したいとの、要望を聞くそれに添って製作図面を書く、図面に対してまた要望などを聞くなどして図面が纏まった時点で、試作品を作る(この試作品は欅材を使う)図面に忠実に製作した試作品を見て、また要望などを聞く・形としてはOKが出る。次ぎに出たのが紐の形で(当初は真田紐でしたが房が付いた羽織の紐に決まる)、完成した作品の紐になるまではいろんな意見が出ましたが、こうした意見を交わしながら完成にこぎつけました。
 国内で始めての作品に携わることが出来ました事に感謝の気持ちがわいてきます。
 

20130807 (11)b.JPG
▲竹井氏所蔵の中将棋の駒箱 素材は島桑の網目杢拭き漆仕上げ 205×110×H90o

20130803 (3)b.JPG
▲形は印籠型で中に二つの箱が入ります

20140502 (7)b.JPG
▲藤まつりは 4/19〜5/6までで 終わりに近く花も多くがしおれていた

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 20:16| 東京 ☁| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする