2014年02月23日

直通信 293

 直通信 293
 今日も寒いです。春はまだ遠くにあるようだ
 ロシアで開催されていたオリムピックも閉幕を迎えます。参加した選手も悲喜交々元気に帰国して欲しい。 
 他の物造りと同時進行していた、桐の平箱も完成に近いです、残す工程は内箱の内蓋のみ明日の完成予定です。
1393150975.jpg
▲今回は5個の製作です、内3個は愛棋家のS氏からの注文です。


1393150981.jpg
▲平箱のひな壇は七段にして有ります、駒を並べてみましたが中々のいい感じです。


posted by 正直と息子オックン at 10:23| 東京 ☁| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

直通信 292

 直通信 292
今日のの東京は日差しがあり、寒さも和らいだように想うが風は冷たいです。

1393077305.jpg
▲第39期棋王戦が金沢で開催されています。写真は対局開始前か記録係でしょうか駒箱から駒を出して作業されていますが、駒箱の蓋が裏返しになっている、蓋にはコウダイが無いのに(汁物と違い汁はたれません)裏返しの所作は変だと想う。

 金沢といえば愛棋家のS氏所蔵の棋具だと思います。駒台駒箱の作者は小生です。奨励会のメンバーがこの所作、連盟の上に立つ指導者や関係者は特に注意すべきだと思う。

1393088229.jpg
▲櫓型駒台を斜め上から見たところ 2009.5月愛棋家塩井氏に納品前に写したもの この当時はこの様な根杢材が多く有りましたが・・・・
 脚と脚をつなぐ上の幕く板としたのはかまは、脚の中心まで穴が開いていて、幕く板同士が脚の中で45°の留めで固定されているので、将来にわたって、幕板や袴が脚から外れる事は無い。

1393088238.jpg
▲駒台と駒箱を横から見たところ いい杢が入っています。塩井氏のもとで大事に後世に残していただける事でしょう。
posted by 正直と息子オックン at 13:55| 東京 ☁| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

直通信 291

 直通信 291
  冬季オリムピック大会で、女子フィギャーフリーで浅田真央選手の演技を見た、完全な演技に感動を覚えた。
  昨日愛棋家のMの来工房がありました。島桑の名刺入れの引取りです。
  
1393049983.jpg
▲完成した島桑の平箱中杢と根杢 天板の素材は違う板を使用しています。

1393049991.jpg
▲内箱の蓋は赤いシールを貼ってあるところを、押すと上の方が上がるようにしてある。

1393049998.jpg
▲こちらは根杢 写真よりも現物のほうが島桑らしい。

posted by 正直と息子オックン at 06:20| 東京 ☁| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

直通信 290

 直通信 290
 先週の降雪の被害が今だに続いている、特に関東周辺で埼玉県の秩父地方 東京都の奥多摩地方 山梨県などはほぼ全県が陸の孤島に、報道でしか情報は入りませんが、孤立した中の住民にも食料や医療などと条件は万別、即急な対策が迫られている。

 オリムピックのテレビ観戦で寝不足が続いている、メダルを受賞した選手にもいろいろと秘話がありそうです。
 特に感動したジャンプの団体、怪我を押して出場した選手 難病を抱えている選手 選手団長で最年長の葛西選手などは個人のメダルの時は涙は無かったが、団体の時の涙は共に泣いた。
 購読しているサンケイ新聞の記者の記事がさらに感激を与えてくれました。

 掲載した三枚目の写真について、昨日から対局が始まっている王将戦の第4局 棋具の設定にいてはこのブログを通じて何回も述べてきましたが、こんかい使用されている島桑の杢の駒台の向きが90°違っています。
 将棋盤のように年輪の冬目が縦方向に成るようにするのが基本と思う、写真では駒台の年輪は横を向いているのが良くわかる。
連盟の関係者に望む事は、ブログなどで公開されてない時代は兎も角として、カラーで公開されるのが普通に成った現在は、棋具についても一考することが望まれるのではないでしょうか。

 今回の様にセットするのは不自然に思う、セットしている関係者に人脈のある方に助言して頂ける様お願いいたします。

1392809482.jpg
▲ただ今製作している島桑中杢の平箱、拭き漆を五回施したところです これからペーパーを掛けてさらに拭き漆を5〜6回して 磨きをしてから
 さらに拭き漆と続きます。 
1392809489.jpg
▲ただ今製作している島桑根杢の平箱、拭き漆を五回施したところです これからペーパーを掛けてさらに拭き漆を5〜6回して 磨きをしてから
 さらに拭き漆と続きます。

1392809532.jpg
▲王将戦第4局の場面 駒台の向きが45°違ってセットされているのが良く解る。



posted by 正直と息子オックン at 11:32| 東京 ☁| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

直通信 289

 直通信 289
 先週末の大雪後の被害が、関東地方にも多大な被害をもたらしました。
 関係機関の迅速な対応がまたれます。
  昨年末に愛棋家から平箱の注文が有りましたが、製作が遅れていますが木地がほぼ完成しました。
  気が付いたところを、修正してから拭き漆の作業が始まります。来週には完成です。

1392661755.jpg
▲島桑の平箱、ほぼ木地が完成しました。蓋の四方向にはギンナン面加工をして同時に七個の製作です。


1392718945.jpg
▲完成した木地 蓋


1392718952.jpg
▲完成した木地 内箱 底板は桐の柾目材を使用し裏面は卯作りにしてある


1392719106.jpg
▲連盟のブログから 第63期王将戦第4局に使用されている駒

posted by 正直と息子オックン at 18:29| 東京 ☁| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

直通信 288

 直通信 288
全国的に大雪の予報、東京も明け方から雪になっています。
 冬季オリンピック開会式の聖火点火まで見ました。
1391866122.jpg
▲工房前のマンションの玄関、横殴りの雪が見えます。
posted by 正直と息子オックン at 13:29| 東京 ☁| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

直通信 287

 今日は節分一般的には豆まきが行はれた、明日は立春 春のように温かい日中だった。このぐらいの陽気が良いなと思う。
 
昨日の日曜日に、愛棋家のS氏の来工房あり、一月に依頼されていた駒台一本脚用の台指が出来たので引き取りに来られました。桐箱やさんが多忙なのか随分と日数が掛かってしまった。
 手元に有った桐の平箱を購入されていきましたが、帰宅してすぐに平箱の追加注文がありました。
 S氏は銘駒を沢山所持されていて、それを平箱に入れたいそうです。
 氏は指し将棋より、所蔵しているほうが趣味のようです。所蔵している駒も龍山・静山・影水・などなどです。
 銘駒を平箱に並べると映りがいいそうです。
 
 年初めに事故に遭いましたがほぼ完治したので、工房では島桑の網目杢で櫓型の駒台とインロー型の駒箱のセットを製作中。
 他には島桑の杢で平箱と島桑の杢で隅丸の駒箱の制作が始まる。また駒木地も制作中です。 

1391617685.jpg
▲成型が済んだ木地 約200枚


1391617692.jpg
▲島黄楊の根柾 1組
posted by 正直と息子オックン at 22:37| 東京 ☁| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする