2013年08月29日

直通信 252

直通信 252
日差しもダイブ和らいできました。このまま秋に向うのか・・・・・


▲前回の予告どおり、一度仕上がった物を、ペーパーと磨きを繰り返して、ほぼ鏡面仕上に近い物になりました。横に置いた駒も写り込んでいます。


▲上と駒箱の向きを変えたところ、








にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 10:27| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

直通信 251

直通信 251
 厳しかった残暑も少し和らいだ様子、ホットしています。
 
 透かし付印籠型駒箱完成しました

▲天面と側面は同じ板からの製材で杢が揃っています。銀杏面を少しだけ太めにする



▲違う角度から、拭き漆は仕上がっていますが、これからもう一度ペーパーや磨きの工程を再度繰り返す事にする,鏡面になるまでやりたいが、








にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 14:33| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

直通信 250

直通信 250
 今日は処暑ですが、まだまだ暑い日が続いています。
 ご注文頂いていたスカシ付き印籠の駒箱が完成しました。

▲島桑の杢 105×105×H98o



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 14:53| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

直通信 249

直通信 249
引き続き 残暑お見舞い申し上げます。
 
 暑さ厳しい中 駒箱の制作を続けています。駒箱の生地が完成しています。



▲スカシ付きインロー駒箱 島桑根杢材 黒柿をアシラウ


▲島桑の隅丸 アテの強い中杢材(ナカモクザイ) 



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 20:46| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

直通信 248

 残暑お見舞い申し上げます。残暑を通り越して酷暑の毎日です。
 昨年と一昨年は七月と八月の二ヶ月間は、作業を休んでいましたが・・・・・

 今日の午前に、愛棋家のT氏が来宅されました。中将棋の駒箱が完成したので、引き取りに来られました。感想が気に成りましたが、ほぼご満足頂いたご様子で、ホットしています。
 先日網目杢の素材の入手先の方に、完成品を見て頂いたところ、こちらも出来栄えに驚きの様子でした。素材の桑は余り材は全く無く全てを無駄なく使いました。厚板材(約250角で50厚ぐらい裏面は皮付きの丸みが有って、マトモナ角板は一枚だけ取れました)の当初は内箱の分が足りないと思ってましたが、これらを全てクリァーしたところに細心の注意を払いました。
 今回は蓋の裏側に駒作家Y氏の名前と、小生の名が入れられるとT氏の話です。この様になったのも縁有って多くの皆様に支えられての結果です。ありがとうございました。

 次ぎの作業は、スカシ付き印籠の駒箱です。三月にK氏からご注文頂いたものが、体調不良で二ヶ月間のブランクもあり、ヤットここまで来たかと言うところです。杢が良いので完成が楽しみです。
posted by 正直と息子オックン at 16:11| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

直通信 247

直通信 247
 残暑お見舞い申し上げます。
 
  今夏、今日が一番暑いようです。
  中将棋用の駒箱が完成しました。制作を始めて直ぐに体調が悪くなり延び延びになっていましたが、当初の予想通りいい作品になりました。


▲完成した中将棋用駒箱 台指と一緒に並べた


▲駒箱を丸紐で結わく(バックの色を変えてみたら写りが良い)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 14:33| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

直通信 246

天候が不順です。今日も雷雨を伴った雨が朝夕にありました。まだまだ地表温度が高く涼しくなりません。
 中将棋の駒箱は、拭き漆が完成したので、桐の台指しも出来てきました。丸紐の取り付け金具をセットしたところで、写真をアップします。その後は引渡しとなります。
 この駒箱が完成したら、聖路加の先生にお見せに行く予定です。理由は初期の治療のお陰で、左手に後遺症が出なかったので、この様な作品ができたとの報告です。

 次ぎの作業は、スカシ付き印籠型駒箱の制作に掛かります。8月一杯には完成出来るのか、暑さとの戦いのようです
posted by 正直と息子オックン at 22:38| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

直通信 245

直通信 245
 8/3今夕珍しい方の来工房が有りました。中将棋の駒箱がほぼ完成しているので、工房で観ていただきましたが、来客いわく、これほどの島桑を観るのが珍しいと。島桑の作品を数多く扱ってきた経験からの感想なので作者として嬉しかった。


▲拭き漆が完成したのでバックを変えて写す。2.3枚目の写真と杢が違って見える。丸紐を取り付けする金具と紐


▲一枚の板材から木取りしたので全面がこのような模様、  蓋をしたところの外観、杢が見える。


 
▲内箱などの直角面をボーズ面取りにした、柔らかな感じと角が触れたときのキズに気を配った。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 21:13| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

直通信 244

 直通信 244

嬉しい連絡が有りました。
 第71期名人戦第四局の棋具提供者の、I氏から嬉しい連絡を病床で聞いたのが5/22日。あれから既に二ヶ月が過ぎました。6/5日退院し後遺症もなく制作にと身体を動かしています。
 またI氏よりの連絡によりますと、九月に行われる全国アマ名人戦の引率者として上京する事になりましたと。
その時に当工房に伺う事に、九州までまでは行く事も無いので、約3年ぶりの再会となります。
 今から楽しみです。

 拭き漆で思うことを少し。
其の1
 直通信の237に掲載してある駒箱の画面に対してすこし書き込みます。
 愛棋家のT氏から他で購入した駒箱の仕上げが、ウレタン仕上になってるので、
ウレタンを剥がして拭きうるしを塗って欲しいと言われましたが、私には難しいのでその時はお断りしました。

 数日後I氏がウレタンを剥がして、再依頼でしたので引き受けました。
拭き漆を数回塗ったところで艶が出てきたので、延べ回数は通常より少なくて済みました。
その時は不思議だったのですが、7/31夜当時のことを振りかえって気が付いた事、
 ウレタンを剥がしても木に滲みこんだところまでは、ウレタンは取れなくて、目止めの働きをしていると考えられます。

 8/1今日午前、当工房にうるし工房(福井県のうるしメーカー)の方の来宅があり、先ほどのことを訪ねてみますと、木に染込んだ成分は取れないと、私の思っていたことと合致しました。

其の2
 5月中ごろ、屋久杉での駒箱の制作依頼が有りましたが、素材の幅や厚さから見て駒箱を作るだけの量が無いと断りました。
 それなら、この素材で出来る物が何か無いかと言われるので、ある物を薦めました。ほかに屋久杉への拭き漆は過去の経験から難しいと断る事にしました。
 屋久杉の脂が、経年とともに漆の膜を破って吹き出てくるからです。
 それなら、屋久杉での木地仕上げでも良いという事で、駒箱と小物を作りました。

 七月になって当時作った小物に拭き漆を自分で塗ったと言って来ました。見るからに拭き漆の前にコーティングしてあるのが確認できます。
 屋久杉の表面と拭き漆の間に膜があるのが、ハッキリと解るのです。木材に直接漆を塗った物と比較になりません。

 こんなことは初めてですが、 制作者と依頼者のコミュニケーションがとても大事である事を感じました。
 小生は和物には直接の拭き漆が好きです。
posted by 正直と息子オックン at 18:55| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする