2013年05月21日

直通信 230

直通信 230
将棋名人戦第4局が大分県で始まりました。

地元の愛棋家I氏から嬉しい連絡がありました。
氏所蔵の棋具一式が採用されたと、盤は七寸二分、駒は掬水作の水無瀬書、駒台と駒箱は小生作の島桑の一品ですと。

 控え室で使用されている、盤(卓上)駒も氏所蔵の物だと言ってました。
 また連絡によりますと、駒台の向きが通常と違い90°向きが違ってセットされているとの事。
会場となった建物は、古建築物なので畳みに歪みがあるせいか、盤に駒台がピタット付かなく、少し離れてしまうとの事でした。

関係者の了解の下こうした方がいいと言う事になったとも言ってました。

 他の作業としては、
 @屋久杉による箱物(駒箱に似ている)
 A中将棋用の駒箱、試作の段階は終了し金物などを揃えています。5/21T氏と紐を買ってきました。
 Bスカシ付き印籠型駒箱は木取に入っています。
 


▲第4局 島桑の駒台 向きが違っています(関係者了解いのもとと言ってました)


▲納品前の駒台(2008.3) 駒台と駒箱は共木


▲H320o


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 10:01| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

直通信 229

直通信 229
 将棋名人戦第3局は挑戦者の羽生三冠が勝って、対戦成績は一勝二敗となる。
 愛棋家のT氏から依頼がありました中将棋の駒箱、試作品として欅材で制作しましたが今日完成しました。
 木地仕上にして有りますので、助言やアドバイスを受けて島桑の杢での制作となります。
 黄楊と黒柿をあしらう様にした。


▲真田紐は一本にしましたが、実際はX形のクロスに成ります。紐も長さを調節して品物よりはみ出さない様になります。
  外法サイズW110×L210×H98o


▲内箱は取りハズシ可能な二個に分けてあります。


▲内箱を取り出したところ。内法サイズW85×L85×H66o




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 17:55| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

直通信 228

 直通信 228
 春の大型連休も終わり日々通常の作業の開始です。
 5/8日から名人戦第3局が東北の宮古市で始まる、3.11から2年数か月過ぎましたが、震災の復興もまま成らないようです。  

 去る5/3日には愛棋家のT氏の来訪がありました、中将棋の盤や駒、駒箱も制作する旨の話しで、既に盤は完成し駒は関西のY氏に依頼済みだとの事、残る駒箱の制作依頼でした。

 5/6日にはE女史の来訪、女史が関西で交流がありました方からの依頼で、名刺入れを制作して欲しいと屋久杉の板材を持参されました。
 さらに女史は指物に興味津々、木々にも詳しく、歓談後女史と台東区竜泉の指物師渡辺彰師の工房を尋ねる。
 渡辺師の工房には多くの作品が展示してあり時間の経過を忘れるほどです。すぐ近くには樋口一葉記念館がありました。


▲新装成りました歌舞伎座バスより写す。


▲大阪のK氏からの依頼で、初期作の駒箱に拭き漆を施す。(島桑の杢)


▲樋口一葉記念館に展示してある、指物師の先代渡辺松太郎師作の作品、(総島桑材)。(他にも渡辺師の作品が多く展示してある)






にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 10:04| 東京 ☁| 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする