2013年03月31日

直通信 223

直通信 223

桜花爛漫も惜しむように散り始めています。
 去る、3/24(日)に九州からK氏上京され、午前に工房にも友人と来宅ありました。
暫くぶりの再会でその後の話題で話しが弾みます。
 昼食は門前仲町の京漬物と焼き魚で、食事の後は、近くの公園にある枝垂桜の前で三人で記念のカメラに納まる。

 3/31日午後に新木場の銘木店に行く、3/21日に江戸指物展に行ったときの感想を述べ合う、前回のブログでも触れました様に、店主も、近年は住宅事情が変わっているのに、和家具が多い作品群に少し違和感を感じると言ってました。

▼枝垂桜の前でK氏とA氏と、花は三分咲きくらい。写真右奥高速道路の向こうに工房がある


 ▼3/31の同所 枝垂桜の花も散り始めています


 ▼栓の印籠型駒箱。(側面の身と蓋との堺に黒柿のヒモをあしらう、側面より出ているからヒモと言う)(箱の側板の厚みが5.2oヒモ材は1.5×6.5oで側面より1o強出る)


 ▼献保梨の隅丸の駒箱


 ▼島桑の隅丸の駒箱



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 18:30| 東京 ☁| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

直通信 222

直通信 222
昨日は春季彼岸の入り、この季節の開催が恒例となっている、江戸指物展を谷中まで友人と観に行ってきました。最近の住宅事情から和室が少なくなっている事もあり、作品の用途が違ってきていると感じます。

 ここ、谷中と言えば古い町並みが残っているところもあり、そちらの方も見られます。
 古い商家を移築した所が有りましたので、転載して見ましたのでご覧下さい。
 そのほかにも、銭湯内部の男湯・女湯の仕切りを取り払い、改造して展示場に成ったところもあります。
 
  記事を転載
 「明治43年に建てられ、昭和61年まで谷中6丁目で営業していた「吉田屋酒店」を移築し、無料で公開しています。
出桁造りと呼ばれる重厚な佇まい、前土間、揚戸の出入り口など江戸商家の建築様式を伝える貴重な建物です。
館内には、お酒を量り売りしていた頃に使われていた大きな棹秤や枡をはじめ、樽や徳利、宣伝用ポスターなど様ざまな資料を展示しています。」

▼建物の外観



▼欅の無垢材に文字は彫刻を施した看板




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 08:18| 東京 ☁| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

直通信 221

 直通信 221

気候は啓蟄もすぎ、少しずつ春を感じられる様になりました。

  3/1日のA級最終戦が終わり、今期の名人戦挑戦者に羽生三冠が連続の挑戦が決まりました。
その名人戦の何局目かに小生作の駒台と駒箱を使用する予定とか。
 小生作の棋具(駒台・駒箱)の使用も、今年に入り女流名人戦第1局と第2局に、王将戦第3局や棋王戦第2局などとなっています。
 こうして、多くの愛棋家の方々に支えられての今日があります、制作した棋具が多くの方達に使用されてこそ、生まれた棋具の使命かなと思います。



 3/5日今日は関西学院大学理工学部の助手さんの来工房がありました。
 生まれは、東京ですが今日は用事があって兵庫からの上京だそうで、最近興味が出てきた木材のことで、木材を扱っている数箇所を訪問しているとの事、江東区の新砂に有る木材資料館(長谷川万治商店が寄進したもの)も行って来たと、深川にある深川モダン館にも行って来たと言ってました。
 そこで、当工房を教えられての訪問になった、若い女性が、駒箱などを見せて欲しいとの挨拶、現在いろいろな銘木材の作品は少ないですが・・どうぞという事で暫く銘木材の話しが出来ました。これまで手掛けた銘木材は、島桑・黒柿・楓・欅・神代欅・献保梨・蘗・梻・一位・栃など、殆どが国産材です。
 唐木材は一度も扱ったことが無いことも、
 在庫品から、カードケースを求めていかれました。島桑の名刺入れも有りましたが、これは次回の楽しみだそうです。

 現在工房では、楓の(縮み杢)角箱が拭き漆が終わり、島桑と献保梨の隅丸の駒箱を製作中です。

 暖かい春が待ちどうしいです。
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 18:13| 東京 ☁| Comment(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする