2012年04月22日

直通信 179

桜花爛漫の季節も移り、桜の木々にも若葉がつき始めています。
 
 4月15日孫達と秩父に行きました。畑には菜の花が、街路には桜が満開だった。娘の義父母に案内された処には、カタクリの群生地があり今が盛りでした。今年の季節は遅れているようだ・・・小高い山に登ったところ、180°展望が開け眼下には盆地の町並がみえ、後は秩父の山また山が幾重にも連なって見える。
 あぜ道を散策しながら近くにあった資料館を覗くと、秩父事件を取り上げた展示がありました。浅学な自分には始めて知る事柄で興味があり、資料やDVD(映画草の乱)を購入する。あらすじ、1884年11月1日、時の政府を震え上がらせる事件が起こった。世に言う「秩父事件」である。圧制と借金にあえぎ続けた民衆は、ついに鬨の声を上げた、壮絶な戦いの真っ只中へと突き進むのだった!!

 22日の今日は、日本橋の三井記念美術館で開催中の、葛飾北斎展を鑑賞に、繊細な技法にただただ感心するばかり、この細やかな感性には感動をおぼえる。


 ▼三井記念美術館入る三井タワーの外観(中央通から)




 ▼葛飾北斎展の案内板




 ▼近所の八重桜は満開






にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 19:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする