2011年08月28日

直通信 148

  直通信 148
8/26(金)午後からE氏が黒柿の短冊箱の引き取りに来宅、
仕上がり具合にもご満足頂いた様でホットしています。

 天候が急変し豪雨、当所の雨量も71oとか、とにかくすごい雨でした。

 8/27(土)午前にS氏が楓の卓上盤用の駒台と、駒箱の引取りに来宅されました。
生活様式が変わって来たのか、卓上盤の使用が多くなった様に思います。 

昨夜は通常の約一ヶ月遅れの「隅田川の花火大会」が有りました、
深川から見れば可なり上流になり、M屋上からは、かすかな音と夜空に開いた花火が少し見えました。

▼ 楓(縮み杢)の駒台と駒箱(拭き漆の古代色仕上げ)



 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 17:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

直通信 147

  直通信147

秋雨前線の影響か、湿度の多い日が続きます。

 昨日の夕刻近く、西の空には綺麗な雲が観られました。
上空の白い雲は青空にクッキリと浮かび、色は時々に変われどほとんど動きません。
 一方、低空の黒い雲は南から北へと足早に流れていきます。
(画面では左から右へ)

 白と黒のコントラストがとても綺麗だった。
時間をもう少し待てば、夕焼けに染まる茜色が観られたのかと思います。
 
  ▼M屋上から撮影








 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 14:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

直通信 146

直通信 146
今日は処暑、涼しかった数日に比べ、暑さが戻ったようです。
 
先日修正を依頼された黒柿の短冊箱が完成しました。
 箱の内部のカビや汚れを綺麗に磨き直し、表側の黒柿の部分は、ペーパーで擦りを重ねてから拭きうるしの工程、ついでに箱の底の部分も呂色の上から吹きうるしを行う。修正前とは随分と見違えるように仕上がりました。
 
 ▼完成した短冊ケース @


 ▼完成した短冊ケース A




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 15:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

直通信 145


直通信 145

今日は今夏最高気温の予報、水分を十分に摂取しながら作業を進める。
 作業内容は、楓の駒台と駒箱に着色、この後、拭き漆の工程をはじめます。

 去る、8/16日来訪のE氏が持参された、短冊箱(三段式)黒柿の葡萄杢を全面に設えた作品、
経年による変化で、表面に可なりの擦り傷などが多くある。

黒柿の黒い部分は炭素化した処で硬い、
白い部分は乾燥が進み黒と白い処に僅かな段差が出来ている。(指先で感じる程度の差)

 一箇所の留めの処が接着が取れたのか、少し口が開いているので補修を行う。
 箱の内側は蝋色仕上げになっている、黒柿面の擦り傷や凸凹などをサンドペハーで擦り落とし平らにする。

この次は拭きうるしの工程に入ります。

▼黒柿の葡萄杢三段式の短冊箱 拭きうるし前をパチリ














にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 14:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

直通信 144

  直通信 144

暑い日が続いています。

 昨日8/16日、猛暑の中E氏が工房に来訪されました。
 用件は(前日に来訪する旨の連絡あり)島桑の素材を買ったので、この素材で隅丸の駒箱を製作して欲しいとの事、
来訪後直ぐに素材を見て(木表側に)木取り予定の線引き、杢の流れと入り皮などを見ながら行う。

今後の作業工程、板厚が40o、天板・底板・側板と線引き、画面の太い実線は初めに切断しておく、
細い線を長手方向に切断、つぎに必要な厚さに製材し削って仕上げ。
これからも、留め切り・ヤトイザネ加工・内側の削り・等々がまだまだ続く・拭き漆で仕上げる。

隅丸が二個と角箱一個が作れそう。木目が荒いが島桑独特の照りが有るのが楽しみ。完成日は未定です。

 ▼線引き後の画面は木表、


 ▼木裏側の画面



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 17:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

直通信 143

2011.08.14
直通信 143
明日は66回目の終戦記念日、この戦争は多くの人命を奪った、大切な家族も失った、大切な心の宝物も奪った、
指導者はこの様な悲惨な思いを、再び繰り返す事など絶対に有ってはならない。
 終戦の日、小生は11才記憶にあります。
放送を聴いたあとの安堵感も覚えているのと、何時ごろか、進駐軍の車両が国道13号を砂煙を上げて通る、この時の恐怖は忘れられない。


 今回は特に、駒箱から駒袋を取り出した後、
駒箱を置く時の所作で参考になる良い場面が有りましたので掲載する。 

 第23期竜王戦第五局 渡辺竜王に羽生三冠が挑戦した時を参考に書いてみました。

 棋具提供はS氏、大変な将棋愛棋家で多くの棋具を所持、
この対局には盤駒は当然、黒柿の駒台(吉田作)、黒柿の駒箱(隅丸)は小生作が使用された。
また駒袋は竜の模様が入った拘りの袋です。

 渡辺竜王が封じ手後駒をしまう時と、二日目の対局開始時のとき、駒袋が取り出された後の場面、
いずれの場面も駒箱の蓋は(天面)上向きに置かれている(ヒックリ返ししてない) この作法が道理に適っていると思う。
 駒箱は天面に一番模様の良い木地を使う。駒で言えば王将に良い木地を使うようにです。

お吸い物が入った、お椀の蓋を取った時とでは所作が違うと思う。

 参考につぎの写真を添付しましたのでご覧下さい。 


▼棋具検分後S氏が記念に黒柿の駒箱と駒袋(竜の模様入り)を写した


  ▼一日目封じ手後 渡辺竜王が駒を駒袋にしまっている所 駒箱の蓋に注意してください


  ▼二日目封じ手開封、 渡辺竜王の所作に注意 駒箱の蓋は天面が上になっている




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 13:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

直通信 142

直通信 142
  猛暑のお見舞い申し上げます。
 テレビ報道は、例年の帰省ラッシュの報道が多い、
 特に東北地方は事情が違うようだ。帰省する各人にそれぞれの心に秘めた想いが有ります。
 
 8/12昨日は、久しぶりの遠出(小生にとってです)、
8/11から開催されている京急将棋まつりに、会場到着まで電車で一時間十五分、大勢のファンで人が溢れていた。
 
 受付のサイン帳に懐かしいE氏の筆跡、思わず携帯から連絡しましたが、
事情があって既にご自宅にお帰りの様子でした。 この猛暑が過ぎた頃に再会を約す。

 会場入り口に「京急将棋まつり」の看板



 会場では、藤井 猛九段のサイン会


 会場ではお馴染みのO氏やN氏H氏、他にO氏Y氏等とともに終了後、近くで会食しながらしばしの歓談、駒や駒台の向き、駒箱の蓋の置き方も話題に、Y氏は将棋関連の仕事。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 08:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

直通信 141

本格的に真夏日が到来しました。立秋が過ぎたので残暑のお見舞い申し上げます。
 九州の愛棋家からのメールに依りますと、明日から始まる第52期王位戦第4局に、小生作の印籠型の駒箱が使用されるとありました。
 愛棋家の皆様に感謝の気持ちを、深く受け止めてこれからも精進を重ねます。
 
第52期王位戦第4局 前夜祭のブログに、小生作の献保梨(島桑かも)の印籠型駒箱とタモ(竹の子杢)の平箱が写っている。


下の写真は2009.6.に制作した物 タイトル戦に使用の物と同時期同材で造られている



 下の写真は2004.7.に制作した物 タイトル戦に使用の物と同時期同材で造られている





 六月中旬頃から、ツバメが巣作りをはじめた、都市社会の何処から巣の材料となる泥や枯れ草を集めてくるのかも気になります。まもなく巣作りが見事に完成、七月上旬卵が生まれたのか親鳥が暖めている様子。
 そして七月十九日雛の鳴き声が聞こえてくる、日に日に餌をネダル泣き声が大きくなってきます。
 雛になって数日、巣からお尻を出しての糞を排泄、駐車場の床も糞の量も多くなります。新聞紙を敷いていて養生、羽繕いや羽ばたきが出来るように、雛も日に日に大きくなる。
 迎えた8月4日、親ツバメに即されて一羽が一気に巣立ち、次の一羽は乗用車の屋根の上に、親ツバメがひっきりなしに迎えに来るがなかなか飛び上がれません。暫くして巣立っていきました。

 その間作業しながら、ツバメの成長を見ている自分も気分が癒された数週間でした。

 8/12日 横浜市・上大岡駅の京急百貨店で行われる、京急将棋まつり行く予定。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする