2011年02月25日

直通信 125

天候が不順です、明日から始まる棋王戦第二局、検分の様子がブログに掲載されています。盤駒はI氏所蔵の物、駒は熊澤良尊作の古水無瀬、駒台は楓(玉杢)の一本脚・駒箱は楓の隅丸で小生作です。駒台の向きが90度違っていますが、前夜祭に参加しているI氏に連絡して、正規に直してもらう様に手配してあります。

ブログにある写真を掲載しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  2/26、対局直前の様子、渡辺明竜王が着座し久保利明王位が入室した様子が写っています。気になる駒台の向きはどうか。


立会人後方左側に、棋具提供のI氏もバッチリ写っています。


対局開始後の先手5七金とした盤面がブログに有りますが、久保王位側の駒台の向きは正規で、渡辺竜王側の方が90度向きが違っていいます。セットするときの関係者の認識不足が残念です。

下の写真は渡辺竜王側の駒台(90度向きが違っている)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 19:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

直通信 124

    2011.2.23(日)
直通信 124
昨日は数名の方が工房にきていきました。
 先日の将棋朝日杯にも同行したH氏は、大変な将棋棋具愛好家です。
 氏所蔵の駒は、潜竜作・影水作・静山作・久徳作・江陽作・児玉作・富月作・そして今回は良尊作を入手されました。いずれの作家のも、複数または三組以上所持されていると聞いております。
 将棋駒の他にも、小生作の駒箱や駒台も数多く、ご愛用頂いております。
良尊作の古水無瀬の木地は、綺麗な柾目に淡い虎班が入っている作品でした。 今回は、木地から選んで制作を依頼した作品で、仕上がりにはご満足頂いた様子です。 

「良尊作の古水無瀬」K氏のブログから転載しました。



以前、当工房の隣で建設業を営んでいた方です。
 現在体調を崩されていて、闘病生活を余儀なくされています。酸素ボンベを携帯し、鼻から吸引されての行動です。
 今日は、世田谷区上野毛の自宅から、電車を乗り継いでの来宅です。所用で近くまで来たので、以前仕事で通っていた所を少し歩きながら寄られたとの事です。
 小生より数年先輩ですが、お互い体調に留意することを約して別れる。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 13:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

直通信 123

2/20日、今日の「週刊将棋」の紙面に、
第4回朝日杯将棋オープン戦。紙面のタイトルとサブタイトルもいい感じ、
二面には参加者の中に、K氏・歩兵氏・小生が、決勝戦終局直後の画面に小さく写っています。
もう一枚は、ミニ・アルバムの一枚目、
渡辺竜王対木村八段が、駒を並べている所に、先の三氏のほかH氏も小さく写っています。・・・・・
 
 王将戦第四局は久保王将が勝って三勝一敗に、
タイトル防衛まで後一勝、挑戦者の若武者豊島六段頑張れと・・・・
 
 女流名人戦も、里見名人が堂々の三連勝で防衛と・・・・

 工房の方は少しずつ動きました、
現在昨年に木地が完成していた駒箱の拭き漆を施しています。乾燥具合も上々です。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 12:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

直通信 122

直通信 122
2/10日(木) 歩兵さんと品川駅にて待ち合わせ、
駒研のK氏宅にお伺いし懇談、いろんな話題についつい長居してしまいました。
 その後、将棋連盟と隣にある鳩森神社を散策する。
 夜は、歩兵さんの宿泊先近くで深夜まで会食、時間の経過が早すぎます。
 
 2/11日(金)天候が悪くミゾレ交じりの雪になる。
歩兵さんが来宅し昼食と夕食を共にする。時間が経過しても話題が尽きない。

 2/12日(土)歩兵氏・K氏・H氏と朝日杯の観戦に、
準決勝、▲渡辺明竜王対▽木村一基八段戦は138手まで後手の勝ち。
▲羽生善治名人対▽郷田真隆九段戦は93手まで先手の勝ち。
決勝戦、▽羽生名人対▲木村八段戦は99手まで先手の勝ち。木村八段が激戦を制し、初優勝を決めた。
 観戦は初体験で臨場感を楽しむことができました。

 大阪の方から、駒台の高さを低くする加工依頼を受けました。縞黒檀の時代物です。
天板と台を指定の厚みに削り、依頼者の希望どおりにする、経年による変化でホゾが緩く、小板を挟みホゾの一部を補強して、再組み立てし完成。
 形が珍しいので、写真を掲載しました。



2/9・10日の王将戦第三局、駒台の向き、一日目は久保王将側は良かったが、豊島六段側は90度違っていました。二日目の終局の盤面は、両方とも90度違って写っていました。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 13:54| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

直通信 121

第38期王位戦第一局 久保王位の勝利でした。第二局には小生作の駒台・駒箱がつかわれそうです。
 
 明日から始まる王将戦第三局 盤駒検分のブログには、駒台は連盟所蔵の楓の一本脚が使われています。駒台の向きも先に行はれた、女流名人戦の時も正規にセットされいてます。なをブログには駒を取り出した後、駒箱の蓋の天面が下になる様に置いてある、高台が付いているお椀などと違って、汁が垂れる様なことはありません。
 駒箱の場合は、蓋を開けてそのまま天面を上にして置いた方が良いと思います。
 なぜなら、駒箱は十枚の板を組み合わせて有るが、メインと成る処は天面だからです。たとえば天面が傷になるような事になれば・・・と思います。


 
 先ほど、歩兵さんよりの連絡で無事に上京したとのこと、10日には駒研のメンバー宅を訪問したあとに、将棋会館にも行く予定です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  王将戦第三局の駒台の向きについて上の記事に訂正があります。2/9日、先ほどからブログを見ていますが、久保王将側の駒台の向きは正規で、豊島挑戦者側が90度向きが違っています。
  どうしてこうも拘るのか?・・・これは物づくりをしているからでしょう。駒台の向きが一方が違うのは、近くに居れば光線の具合で直ぐ判断できると思います。関係者もそこまで気にしていないのでしょうか。
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 22:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

直通信 120

先日来訪のS氏よりのメールによりますと、2月26日(土)開催の第36期棋王戦第3局に、S氏愛蔵の棋具が使用されるとの事、その時の駒台・駒箱が小生作になるようだと・・・各棋戦に度々使用される事は嬉しいことです。

 隣のスタジオに来た方が、おそるおそる工房を覗き込む、何を作っているのか様子を聞いてきました。将棋関係の道具と言っても、話で説明するのは難しいので、現物を見ていただこうと思い、室内で完成品を見ながら説明しました。
 名刺交換したときの、名刺入れが気になる様子、しばらくして、素材は島桑の杢と献保梨の名刺入れ2個を購入されました。
 Yさん夫妻は、直ぐ近くで「薬膳料理の店」を営業しています。以前にカレーが好きで、何回か食事に行った事がありますが、そこまで気にしていませんでした。スミマセン。
 
 第4回朝日杯将棋オープン戦、抽選の申し込みをしていた所、昨日招待券が届きました。10日に上京の歩兵さんと参加するのが楽しみです。駒研の方ともお会いするのを楽しみにしています。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 21:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

直通信 119

直通信 119
1/29(土)日、遠方からF氏とS氏の来宅がありました。駒談義が主な話題と予告していましたが、やはり駒台・駒箱・素材の話が主となりました。
 近所での昼食を挟んで午後まで、S氏には今までにも多くの棋具を愛用いただいております。
 今回は在庫品の中から、島桑の印籠型をお奨めした所、気に入って頂いたようで良かったです。作者として、あの方の手元で愛用して欲しいと言う希望があります。さらに、S氏からは黒柿の四本脚の駒台との要望もありますが、素材の入手が困難です。しかし、S氏のご期待に添える様に心がけてまいります。 13:30分帰路に、京橋で開催中のK氏の個展に行くとの事でした。
 
小生も自転車で同展に向かう、会場近くで知人と合流し個展に、さらに、丸八碁盤店(銀座店は2月で閉店し駒込の本店のみ営業とのこと)を覗いて帰路につきました。 

 写真は島桑(根杢)印籠型の駒箱です。



昨秋に続いて、1/31日デジカメがダウンした、購入して8年になる、直ぐにメーカーに連絡して驚いた。本日の受付で今後の修理は無いとの事、修理の予定価格を告げられた上で、修理の可否を求められました。新品を買うよりはと思い修理の予約をしました。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 13:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする