2011年01月30日

直通信 118

直通信 118
サッカーアジアカップ決勝戦、優勝し頂点に立つ、若い選手が多いメンバーでしたが、夫々に特徴を発揮していた。途中怪我等で戦列を離れざるを得なかったメンバーもいたが、見事な勝利だったと思う。経過はテレビ・新聞等に詳しいので控えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 駒木地の冶具制作工程の一部を書いてみました。
 
写真@は数年前に購入した中古のサンダーです。(ベルト幅100o)


写真Aは定盤を取り付けたところ、通常は右上のボルト一本で固定されいる。 左上と右下は新たに取り付けたボルト、鋳造部材に穴を開け木材に受けネジを埋め込んで三点で固定する。こうする事によって、定盤とサンダー面を直角にして固定した。角度は変わる事無い。(鋳鉄に穴あけ中に小型ドリルを損傷)


 写真Bは定盤の上に横向きのレールを取り付けたところ。(溝つきのアルミ材)
 このレールを使って、駒尻など各部の加工の際に使う冶具を、左右に移動しながら使う。移動する事によって、ベルトの左から右と満遍なく使える。


次回からは順次各部を仕上げる冶具を紹介します。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 13:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

直通信 117

昨夜はサッカーアジアカップ、日本対韓国戦を最後のPK戦まで見ました。

 現在将棋駒木地制作用の冶具を造っています。
前回までとは改良して、サンダー仕上げ用にしています。

既存のサンダーを利用しての冶具ですから、
始めにサンダーの一部を改良して、基本となる定盤部分を固定することからはじめ、
安価の卓上ボール盤で、鋳造材に穴あけした時に、負荷が掛かりすぎてベルトか切れてしまい、
ネット注文したベルトの入荷まで一週間掛かりました。

鉄と木材とアルミ材を固定するのですから、穴あけからボルト締めと大変なことを思いついたものです。

 次に、固定された定盤に各部の加工に使う冶具を造っていきます。
冶具用の木材は樺桜材です、クルイが少なくネジなども良く利きます。

この素材で所定の角度に加工した物を加工しておく、各部には指定の長さに切断して用いる。
駒尻用・側面用・表裏用・駒天用など、
王将サイズから歩兵サイズに到るまで、六種類必要ですがもう少しで完成です。
 
 1/29日遠方からF氏とS氏が工房に来ることになりました。
しばし、駒談義になります。それから、K氏の個展を見に行くことになります。
小生は会場まで自転車で向かい、会場近くで知人と14:00に待ち合わせをしているので、F氏やS氏と一緒に個展を見ることになります。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 20:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

直通信 116

寒中お見舞い申し上げます。

  1/23日に行われた、第38期女流名人戦第一局里見名人が勝ちました。
  使用された棋具は、盤・駒台・は連盟所有もの、駒台は例の楓の一本脚、向きは正規にセットされている様子、駒台の天板の側面に縮み杢が見えているから間違いない。

  駒箱は小生作のタモ(縮み杢)の隅丸です。関西駒の会のHが所蔵されています。
H氏のブログの文を次にそのまま掲載します。「対局を待つ将棋具、盤は連盟持参、駒箱、駒は掃部氏持参。駒箱は奥山作タモ縮隅丸。駒は棋楽作錦旗。」



  下の写真は前回のブログに掲載したもの、駒台の向きにご注目ください。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 06:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

直通信 115

直通信 115
今日は七草、粥を食べることも無く日が過ぎていく。

 今回も駒台の向きについて少し触れてみました。

 駒作家K氏も(12/19)ブログで述べられてしました様に、
年輪と杢の違いについての認識が違うのでは・・・・・・・ 

ここに、合成写真を掲載します。(駒台は例の連盟のもので、楓の玉杢)
 
写真A
この場面はタイトル戦でよく見かける構図で、将棋盤の年輪(夏目・冬目)に駒台の杢の模様が平行にセットされている。

------------------------------------------------------------------------
 
写真B
こちらの場面は、将棋盤の年輪に対し、駒台の年輪が平行で、杢は直角に成っている。



 この様に、些細な事ですので、気にならない人も多いかもしれませんが、見る人によっては大変気になるものです。

 注意点と見分け方は、駒台の年輪(夏目・冬目)の小口(立ち木を伐採した時に切り口に年輪が見える)は上下になるように、玉杢の模様(丸い玉もあるがやや横に広がる楕円形が多い、これは、樹皮面を見ると、年輪に対し横にデコボコ見える)の繋がりは左右にした方が良い。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 10:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

直通信 114

直通信 114

箱根駅伝をテレビ観戦していました。早大の総合優勝と成りましたが、シード権争いが見もので、何れの大学も実力が均衡していて見事でした。
 
 2007年6月と2008年8月に、K氏にお納めした駒台・駒箱のセットを、K氏宅を訪問した、「歩兵さんより提供」が有りましたので掲載いたします。島桑は古木から木取した味わいの有る作に仕上がっている、なを天板の角にRを施し隅丸の箱に合わせた。
この将棋盤と駒台・駒箱は、第68期名人戦の第4局で使用されている、盤裏には羽生名人と挑戦者の三浦八段の署名がなされている。
 楓はスッキリとした一本脚にして、拭き漆し前に古代色の着色をしてある。

写真は「歩兵さんより提供」の島桑の4本脚駒台と駒箱(右)と楓の1本脚駒台と駒箱(左)、



  島桑(根杢)四本脚駒台・駒箱セット(2007.6.納品前)

  楓(玉杢)一本脚駒台・駒箱セット(2008.8.納品前)





にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 10:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

直通信 113

明けましておめでとうございます。ブログご覧の皆様今年も宜しくお願いいたします。







にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする