2010年07月28日

直通信 89

 猛暑のお見舞い申し上げます。
 
真夏のタイトル戦、第51期王位戦 第2局は7/27・28日 札幌市で行われ135手にて先手番の深浦王位が勝ちました。
 
 連日の暑さには適いません、梅雨明け以来作業はなかなか進みません。 そんな中ですが角の駒箱を作りました。

 珍しく角を銀杏面、素材は筍杢を使用しました。






 天板は筍杢の隅丸です。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 21:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

直通信 88

先日金沢市で行はれた、王位戦第1局の写真がS氏から届きましたので掲載しました。
  (駒台の向きについて、S氏より後日連絡が有りました、検分のときと、一日目は正常にセットしましたが、二日目に見たときは向きが違って対局が終了していたそうです)


 対局終了後の感想戦での場面です。駒台の向きが90度変わっているのが判ります。



 対局前夜の検分です。



 検分前に盤駒・駒台・駒箱がセットされました。(この時は駒台は正常にセットされています)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 18:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

直通信 87

2010.7.17.
直通信 87

関東地方も梅雨明けが近いようです。


下の写真二枚は、第68期名人戦第4局に使用された棋具、写真は「歩兵」さんの了解を得て掲載いたしました。

 激戦の後自宅で休憩です

 

 「歩兵」さんのブログを一部転載
<ところで、写真は先般の第六十八期名人戦決着局に使用された将棋盤。
今回、所有者の特別な許可を得て撮影させて頂いた。

ご覧の通り盤裏には、対局者を含めて5名もの棋士の揮毫が成されている。

これは、余程の関係者筋のコネか、盤に対する魅力がない限り有り得ない境遇であろう。

盤脚の造りも、技術的にも手を凝らせた美しい「盛り上がり型」である。>

 K氏の依頼で制作、駒台の天板 二つ割りしたところ 左が木裏 右が木表


 駒箱の材料 島桑の古木です

 
 平成19年5月23日納品前の 駒台・駒箱 (駒台の天板を角丸に・駒箱は隅丸に)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 09:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

直通信 86

今日から七月です、梅雨時は鬱陶しい日々ですが制作活動は続けています。
 きのう、Sさんからの連絡ですと、
7月13日(火)〜7月14日(水)に開催される「王位戦第1局」が金沢市で開催されるのに、氏所有の盤駒一式が使用していただくことになったとありました。

 駒台は小生作の島桑の杢材を使用した四本脚、駒箱は同じ島桑杢材で隅丸に成っております。
 
 後日写真をお送りいただけるよう期待しております。

納品前の写真がありましたので掲載しました。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 07:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする