2010年05月23日

直通信 83

2010.5.23.
 直通信 83

今日は、神代欅について書いてみました。

 四月はじめ、新宿区のK宅にお伺いしたときに入手した素材です。
 K宅でも制作活動を止めてから、既に二十数年経過しています。
それよりかなり以前に入手された物でしょう。銘木店から仕入れた当時は、長さが十尺以上あったそうです。
当時何を製作されたかは判りませんでした。

 長尺物から両端20数センチ切り落とした物が今回の素材です。
 
 事務所の片隅にあって、その後製品に加工されること無く今日に至っていたのでしょう。
 この素材を見たときに思ったことは、素材の良さ、玉杢が綺麗なこと、風化してなく樹脂分が有ることなどです。

 K氏に了解をえて分けていただき、駒台と駒箱を作ることにしました。
駒台が先に完成したので写真に、一枚目の写真は細かい玉杢もきれいに出ていますが、他の写真は上手くいきません。

出来上がった駒台高さは、素材が20数センチだったことから、
制作限度の総高さは278mmになっています。 
 将棋盤は六寸二分前後に使用可能かと思います。


制作にあたり注意したこと、素材の厚さが11センチ有りましたので、横にスライスして、両方とも木表を上にしました。角には大き目の銀杏面を施し、(素材に樹脂分が有って粘りが有ったために加工が出来た) 拭き漆のときは、導管が深いためサビ漆で埋めたことなどです。

  細かい玉杢も綺麗に見えます。

















にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 14:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

直通信 82

将棋名人戦第4局が明日より始まります。
羽生名人の四連勝で、タイトル防衛なるか。はたまた挑戦者の三浦八段が一死報いるのか。

  前夜祭の前に盤駒の検分が行はれまして、
K氏所蔵の棋具、島桑四本脚の駒台(角丸)と駒箱(隅丸)が使用されるとの連絡が有りました。

  夕刻に検分も無事すんだとの事嬉しいです。駒の作者は聞き漏らしました。
K氏より写真が届きましたら掲載いたします。

K氏より、対局開始前の写真が届きましたので掲載しました。駒台の天板の角をアールにしてあります。



24手目 3一玉の盤面   盤の木口面の模様が次の写真と同じ



   K氏より頂いた一枚



   小生宅で発送前の一枚




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 23:02| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

直通信 81

名人戦第2局
 岩手県遠野市「あえりあ遠野」で使用された、黒柿の駒箱です。

須田氏より写真が送られてきましたので添付しました。
盤は連盟所蔵の物、駒台は楓の一本脚(作者は木村香順氏)、向きが90度違っているのが気になります。

 駒台の向きについて後日談、第3局での話しですが、
天井からのカメラ映りの関係でそうしたとの事が判りました。
実際に第3局でも90度向きが違っていました。

 第2局での対局開始前場面 黒柿の駒箱は平成8年に須田氏のもとに 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 20:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

直通信 80

名人戦第三局も羽生名人の勝利で、名人の三連勝となりました。後の無い挑戦者の三浦八段の起死回生を期待しています。
 この、第三局で使用された、楓の縮み杢、一本脚の駒台・駒箱(印籠型)は、小生作と確認できました。所有者は野田市にあります、日本将棋連盟 関根金次郎支部の関係者でM氏のご協力でした。
 
 ありがとうございました。
 
 ひきつづき、第四局には、島桑の四本脚(角丸)と隅丸の駒箱が使用されます。
 
 現在の作業は、神代欅の一本脚の駒台・隅丸の駒箱を製作中です。素晴らしい杢ですから出来上がりが楽しみです。
 一本脚の方が先に組み立てが終わりました。欅は導管が深いため、漆をどのように塗るかを検討中です。一つの方法としてサビ漆で導管を潰す事。ほかには、そのまま拭き漆仕上げにするか??? 出来栄えにかなりの差が出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 19:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

直通信 79

5月2・3と一泊二日で、娘の義父母宅を訪問してきました。名物の芝桜が見ごろで、大勢の観光客で賑っていました。
秩父は山また山の自然豊かな閑静なところでした。

  義父母の作品「陶灯り」です。

  灯りを入れたところ。


 明日は名人戦の大盤解説会に行く予定でしたが、他の用事と重なりましたので中止としました。
何時もの事ですが、駒台・駒箱が気になっています。駒台は一本脚(素材は判りません)、駒箱は印籠型(これも素材は判りません)。印籠型の駒箱が使用されるのは珍しいように思います。 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  5/7
  今回の第三局に使用されている、駒台と駒箱は小生作の「楓の縮み杢」です。どうしたことか、今回も駒台の向きが90度違ってセットされています。(千葉県在住の方から連絡がありました)
  次回の第四局、福岡市「城南クラブ」では、愛好家所蔵の島桑四本脚の駒台と駒箱(隅丸)が使用されます。
  なを、前回の第二局の時は、黒柿の駒箱が使われています。
 
  物造りの作者として、このようなタイトル戦に使用されるのはうれしいことです。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 17:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

直通信 78

 直通信78

 名人戦第3局の、観戦に出かけます。

 過日、黒柿・楓・神代欅で、根付を作りました。

 @黒柿は、隅丸の駒箱を数個作りまして、端材を利用して根付を作りました。そして駒箱をご購入頂いた方に記念に差し上げました。
 A楓は、これも以前に駒箱や駒台を作ったときの端材です。
 B神代欅、素材は新宿のK宅にあったものです。現在駒台と隅丸の駒箱を製作中です。年代は相当に古く、木味はすばらしい素材です。
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 09:49| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする