2010年03月28日

直通信 70

2010.3.29.
直通信 70
昨日今日と寒く、 咲き始めた桜も一休み、近くの公園の桜も二分咲きか三分咲き位の様子です。

 昨日(3/27)I氏より沢山の写真がCDに入って送られてきました、氏の了解のもと何点かを掲載いたします。

 @門前仲町の小料理屋にてI氏と自分(ママは同郷の隣町出身、郷土の食材や酒がよく出ます)


A工房にてI棋士の駒台(納品前)


 B工房の商品棚の前でI氏と


C工房のテーブルに小物作品


 D両国国技館をバックにI氏とE氏

 
 EM碁盤店前で店主とI氏とE氏

  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 19:30| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

直通信 69

直通信 69

四本脚幕板取り付け部の冶具を改良しています。

 写真Aは上の幕板部分のホゾ加工時の物です。

 これまでは22mm角の時にホゾ加工していましたが、
如何しても左右で零点何ミリかのズレが出ました。

今回は10.5ミリ角に加工してからホゾ加工する様に考慮しました。
テストではズレはゼロです。
 緑色に塗装してあるのが脚と幕板です。
脚を冶具にセットしてクランプで固定し、ルーターでホゾ穴を取ります。
深さは脚の半分強7ミリの深さまで彫り、左右の幕板が脚の中で留め合わせになります。



写真Bは下の方の幕板の加工時に使います。
 
 セットは写真Aと同じですが、脚の下部が拡がっている為、冶具にAとBの印が有るように、基軸となる面が違うため、先にAで加工してから、Bの方に向きを変えて行う事になります。


 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 13:31| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

直通信 68

天候が定まりません。午前中は晴れ、夕方からは冷たい雨になりました。

 3月26日 I棋士が来宅されまして、駒台・駒箱が無事引渡しが完了しました。
 棋士に喜んでいただいた事と、末永いご愛用を節に願っております。

 棋士の話ですと、四月から始まる名人戦第一局の立会人に指名されたとの事、緊張していますと申しておりました。
 前夜祭から始まって、三日間緊張の連続でしょう。対局がスムーズに運べて当たり前、ミスの許されないことです。無事に終わられますよう祈ります。

 次の作品の作業は、島桑の筍杢と欅の細柾での隅丸を進めております。欅の糸柾も珍しい模様と成っております。
 
 これからも順次掲載を予定しています。
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 21:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

直通信 67

おはようございます、今朝も冷たい雨になっております。
北のほうでは雪も降ってるという、なんともややこしい天候です。

 I棋士のからの依頼で造りました、駒台・駒箱は完成しまして、(サイズは6寸2分盤と6寸盤用です)
明日の午前中に引き取りに来宅されます。
自信作ですがご満足頂ければ嬉しい限りです。

 黒柿の隅丸も一個納品の予定です。
 
 下に写真を掲載しました。











 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 07:28| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

直通信 66

暑さ寒さも彼岸までもうすぐ春です。
例年より早めの桜の開花が伝えられています。
 
 今日は遠方からI氏の訪問がありました。

I氏は仕事の関係で栃木県まで出張で来たそうです。
ついでに、3/20・21と天童や山形まで足を伸ばされ、
駒士のKやS氏宅を訪問出来たそうで、大変に喜んでおりました。

新幹線つばさの下りは立ちどおし、上りは早めにホームに並んだので座席は確保出来たが、
昨日の突風の影響で30分ほど遅れての到着。
 
 東京駅からはタクシーで15分くらいか、
下町深川門前仲町の小料理屋で料理と・将棋の話をつまみに、初対面の乾杯。
 電話やメールのやり取りは有りましたが、こん回が初対面です。

 ついつい、時間の経過を忘れたように夜12時頃まで語り合いました。
 
 3/22日の今日は、工房拝見と来宅されました。
これまでに駒台や駒箱、その他名刺入れ、ループタイ、喫煙具など多くをご愛用いただいております。

 特に、島桑の作品が好みです。
暫く木地や作品の工程などの話題が続きます。

I氏も暫くぶりの東京で、ついでに何箇所か訪問したいところが有りそうで、訪問先をリストアップしてもらい、
臨時の案内人を引き受けました。

 最初は故小池重明氏の墓参、つづいて宮松美水宅へ、
初訪問ですが歓迎されました。故宮松影水氏の話をはじめ、達筆な美水さんの写経の掛け軸や巻物には感心していました。

 他に駒師静山さんの扁額 (この扁額の文字「山静日長」から号名の「静山」が取られた由来となっています、静山師亡き後形見分けされて、美水宅に掲げられています) や、宮松さんの将棋駒製作所 (墨書きが風雨に晒されていて、辛うじて文字の跡が見えます) の看板、全てに感嘆の面持ちでした。


 根津で駒師S氏が合流する、I氏は大相撲の大フアンです。
両国国技館のそばで、ちゃんこ鍋を囲み楽しい時間を満喫しました。
また国技館をバックに記念撮影したあと、近くのM碁盤店やK商店、
銀座のM碁盤店も訪問し盤・駒を拝見し実に楽しそうでした。

 こうした配慮で少しでもご満足頂ければ、此れほどの喜びはありません。

 銀座から新橋を通り、浜松町までお送りして案内人の役はお終いです。
S氏がモノレールで、羽田空港まで送っていくそうですので、お二人とはここでお別れです。

 I氏さんS氏さんの今後のご健闘とご活躍を祈ります、楽しい時間を共有出来まして有り難うございました。
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 21:52| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

直通信 65

直通信 65

新しい話題、昨日行なわれた、第59期王将戦第六局、
挑戦者の久保利明棋王が勝って、王将位を奪取した。
 棋王位との自身初の2冠を保持した。

 棋士に頼まれた、四本脚の駒台は、拭き漆の工程もだいぶ進みました。
まもなく完成予定です。


黒柿の駒箱制作時発生した、端材で根付を造りました。
これまでにお買い上げいただいた方に、数個ずつお送りしたところ、
大変に喜んでもらいました。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 12:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

直通信 64

王将戦第五局始まる、いつも駒台の向きがが気になります。
前回に続いて駒台は連盟の楓の一本脚です。
前回は90°向きが違っていましたが、今回の久保棋王側は正常に映っています。
関係者に配慮してもらったのかは不明です。
どなたか上から盤面を写したのをお持ちでしたらお知らせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3/10 13:30 分の中継ブログ見ていましたら、羽生王将の右後方からのアングルに盤面が映っていました。盤面を拡大したところ、駒台の向きを確認できました。これが正常です。(細かくは180°の方向もあります)前回のセットと変えた理由はなんだったのか。・・・・



写真は2010.1.28・29 王将戦第二局(栃木県大田原市)の盤面 駒台の向きが90°違うと指摘した場面





写真は2010.3.10 王将戦第五局(和歌山県白浜町)の盤面 駒台の向きは正常



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 10:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

直通信 63

2010.3.9.
直通信 63
外は冷たい雨が降っています。
雪も降っている所もあるようで、まだまだ春が遠いように思われます。

 将棋連盟I棋士依頼の駒台は、今日午前中に組み立てが終わりました。

 
 去る、2月27日に行なわれました、将棋棋王戦第2局(金沢市)に、
塩井一仁氏所蔵の棋具が提供されました。駒台・駒箱の制作は21年3月で、駒台の高さは 294mmです。

  氏より、前日の検分や当日の写真が届きました、氏より了解を得ましたので次に紹介いたします。
 
 @対局設営盤面(久保棋王側から)
  将棋盤に相まって、駒台・駒箱も島桑独特の根杢の模様が良く出ています。


 A斜めから見たところ
  四本脚の脚が下の方で広がっているのが解ります。


 B盤駒検分状況
  盤駒はOKで、駒は熊沢氏作の古水無瀬が使われたそうです


C対局開始
  後方中央が塩井氏です


 D投了時点(久保棋王側から)
盤面は8八銀不成で詰めろがかかったところ、盤駒・駒台・駒箱が無事大役を果しました。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 17:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

直通信 62

去る2月27日に行なはれた、将棋棋王戦第2局(金沢市)において、
塩井さん所蔵の駒台・駒箱が使用されました。うれしいかぎりです。

そして今日、塩井さんから封筒が届きました、
中には当対局の棋譜のコピー・佐藤九段の色紙・さらに3/1付け北国新聞(こども新聞)が入っておりました。
 
 黒柿の駒箱について、最初に来宅され四個から一個を選ばれた方から、その後複数を求めた方がいる事を知り、
最初訪問した時に気になっていた駒箱が残っていますかと、問い合わせがありました。

 もし気になっていた駒箱が、残っていればもうひとつ欲しいとのことでした。
 素材が希少だっただけに残念なようでした。
 
 素材には、各人の好みなどがありますので、一方的にこれが良いとは言い切れません。

 天候不順もあり、寒い時は作業を休む事が多くなり、
日将連の棋士からの依頼がありました、駒台の作業は捗りません。
ようやく仮組立てが終わったばかりです。完成まではもうしばらく掛かります。

 啓蟄、暖かな日々が待ちどうしくなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 21:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

直通信 61

昨日は、A級順位戦の最終日、三浦弘行八段が挑戦者に決まりました。
タイトル保持者と挑戦者の、ご活躍と御健闘を祈ります。

 本日、日本将棋連盟に行って来ました、
面識のある職員のT氏にお会いする事が出来ました。

 用件は、タイトル戦等で将棋盤に駒台・駒箱がセットされる時に、
以前から気になっていた事がありましたので、確認できればと思っていました。


 愛好家の方々に、自作の駒台・駒箱をご利用いただいています。
そして、タイトル戦にも提供される事も多くなりました。

 将棋盤に対し駒台は、将棋盤の年輪と平行に、
駒台の年輪も平行する形が理にかなっていると思っておりました。

 駒台が柾目の場合は間違いなく、年輪と平行にセットされています。
過去、何回か盤に対して、駒台が90°ある時は180°と、考えられないような場面が有りました。


 連盟のT氏の意見は「柾目のような場合と、縮み杢の様に杢系の場合は、
年輪か杢の濃いほうを盤に合わせる事にしています」と言っておりました。
 こうした考えには、私達のように、年輪と杢を重視する考えの者には、到底理解する事は出来ない事です。


 今回の事を思う時に、将棋愛好家の方々には、自分なりにご理解頂ける様にしてまいりたいと思っております。  


 日将連の帰り、銘木店に寄って今回の黒柿の写真をお見せしたところ、
あの黒柿の材料がこの様な作品、そして素晴しい作品に生まれ変わった事に感激の様子でした。
 また実物を見たかったと悔しい様子でした。
 
  前回のブログに、次の方に数個発送した旨書きました。

 I氏からの連絡では、どうしても一個を選ぶのは困難ですと、この機会に複数求めたいとの連絡でした。
 私の作品を数多く所蔵している方です。また、こよなく道具を大事にされる方でもありますので快く了承致しました。
 
 黒柿の写真を掲載しました。







にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
posted by 正直と息子オックン at 14:37| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする