2009年08月30日

直通信 35

                               8/30  直通信 35 

今朝の気候は、暑い夏にようやく終わりを告げたような感じです。
 8/25日私用で、大阪に行ってきましたが、この日は暑かったです。
 
 この度、島桑材の上杢で小物を作りました。
サイズは69×107×13mm、名刺入れにもなります、名刺は30枚入ります。

 他の用途として、煙草入れにも使えます、
これですと7本入ります。一寸洒落た小物です。
 
 ポケットから取り出して、パチッと開けて、
名刺か煙草を取り出すなんて、とてもいい感じです。
締まる時もパチッといい音です。 

製作しました全品の写真を添付しました。









posted by 正直と息子オックン at 10:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

直通信 34

  8/12
直通信34
我が町の紹介を致します。

 深川の町には、所々に珍しい標識があります。
工房から東に500m程の所に、三十三間堂跡と言うのがありました。

 銅版製の建物風景、仕様を書いた銘板、その下の弓矢は長さ一間とあります。
 御影石の四角い柱には、三十三間堂跡の文字と由来が書いてあります。







次の写真は八幡橋の全景写真です。
写真左には深川富岡八幡宮があり、右方向は深川の銘木店がありました。
新木場に移転したため今はマンションが立ち並んでいます。
 橋の下は遊歩道となっていますが、当時は運河で木材が浮かんでいたものです。
遊歩道の先は油堀川につながり、さらには隅田川へとつながります。
 油堀川も埋め立てられ遊歩道に、上には高速道路が架かっています。
 




遊歩道の緑地に鋼製の人力車二台、その奥に八幡橋の由来の記述、
この八幡橋には菊の紋がついています。(この事から由緒ある建造物がしのばれます)









島桑の名刺入れ サイズ 78×107×12,5 名刺が30枚入ります
posted by 正直と息子オックン at 22:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

直通信 33

8/6
直通信33

明後日は立秋です、暑さはこれからが本格的に成りそうです。

 8/4〜 8/5 第50期王位戦 戦績は深浦王位が勝って一勝三敗、
王位があと何勝かして棋戦を盛り上がればと思っております。

 心情的には森下九段の弟弟子でもあり深浦王位乗りです。

 以前花村先生が亡くなった後、暫らく道場に通った事があります。
森下先生が手合い係りをしていました。参加者は多く大変なにぎわいでした。

 終了後は浅草の会席料理店で二次会、森下先生は皆に請われカラオケで昴を歌っておりました。

 当時の道場はタバコの煙で、向こうが見えなくなるような環境は劣悪でした。
タバコの吸え無い自分は自然と遠ざかりました。

 のちに森下先生は将棋に専念すると言われ、後任に深浦先生を紹介されました。

その後の森下先生の活躍は目覚しいものでした、
名人戦挑戦を初めとして、他の棋戦でも活躍され、惜しいことに何回か準優勝がありました。

数年前にマニアの方からの依頼で、タバコケースを作ったことがあります。
 素材は島桑の杢で、拭き漆仕上げとなってます、蓋の部分は差し込み式、好みでマイルドセブンが入ります。
一緒に製作した一つ(特上の杢)は、材木店の会長に渡り、香木の伽羅を入てお土産に持参するとの事でした。

 写真を添付します。




posted by 正直と息子オックン at 14:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする