2006年10月09日

直通信 5 島桑・駒台・駒箱

 直通信 5

 
        島桑・四本脚駒台・駒箱
-----------------------------------------------------------------------

 新潟県三条市在住の方より、
 櫓型駒台(四本脚)の制作依頼を頂きまして、
 9月上旬より作業に取り掛かりました。

 島桑の杢材を使用し、
 同時に駒箱も隅丸で作り、
 桐の台指しに入れたセット品が出来ました。

 今回は作業が順調にすすみ、
 拭き漆しも綺麗に出来ましたので、
 10月7日に納品いたしました。

 依頼主からは、望外の賛辞を頂き作者冥利に尽きます。

 
 その方とは、こんな経緯がありました。

 03年春に葉書が来まして、
 「約20年前に駒箱を買った事がありますが、
 今回は一本足の駒台を作って欲しい(七寸の新榧盤)」との事でした。

 いきさつは、「駒のささやき」を購入したのが縁で
 20年ぶりに消息が解ったと言っておりました。 

 その時は島桑の一本脚と、
 駒箱(角)・欅の平箱などをお買い上げいただきました。

 新榧盤にどしても悔いがあり、
 六寸三分の日向産の榧盤を購入する様にしました。

 これに合う四本足の駒台が、
 どうしてもほしいとの事で依頼がありました。

 季節も良く作業も順調です、
 いまは島桑の隅丸を制作しております。
posted by 正直と息子オックン at 14:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする