2006年07月31日

直通信 3 駒箱 −花梨(葡萄杢)−

 梅雨明けが宣言された昨日、
 これからは暑い日が続く事でしょう。

 皆々様も、ご自愛下さい。

 

 冶具を使い木端に傭核留(やといざね)の溝を切る
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

 外箱の組み立て後、内箱との差を調整
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

 傭核留(やといざね)を入れて内箱の組立・紐で固定
posted by 正直と息子オックン at 14:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

花梨(葡萄杢)の駒箱 製作中です。


 @、碁笥用に木取りした原木
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 A、@を7,5oに製材した所
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 B、Aを天板用、側板用にカットした所
posted by 正直と息子オックン at 21:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする

直通信 2 駒箱 −島桑 花梨 葡萄杢−

平成18年7月17日 直 通 信 A

梅雨明け前なのに、連日この暑さは、ことのほか熱く感じられます。

前回島桑駒箱を買っていただいた方から、花梨の葡萄杢での駒箱をとの注文が有りましてから、かなり日数がたちました。
いつでも簡単に材料が入手できるものと、簡単に考えておりましたところ、いざその気になって板材を探しましたが、適当なサイズと杢のある材料が見つかりません。

思い余って盤屋さんに相談したところ、碁笥用に木取った、円筒状の原木を探すことができました。直径が18cm厚さが13cmあり、製材所で7.5mmに加工し、荒木がで きました。この後の加工は経験がありますので、さほどではありません。

この間、駒箱の形状、仕上げ等についての説明に、苦心しました。パソコンと格闘しながら、それぞれのおもいを文書で説明することの難しさ、言葉の表現の難しさを思い知らされました。
素材なり、製品を目の前にして、ああだ、こうだと直接会話すれば、了解を得るのもたやすいように思います。
注文者に良い品だと、気に入っていただけるよう日々精進です。

暑さが続く間はしばし、休業状態になります、どうぞご理解のほどを宜しくお願いいたします。


関西駒の会の仲間の「御蔵島黄楊駒感謝の日ツアー」に参加された、報告を田中敦さんのホームページで観ました。その前には加藤元章さんのDVDを観たりと、ますます御蔵島に行ってみたい気持ちです。 実現はかないそうにありませんけど・・・・

秋ごろにBをかけるように致したいです。
posted by 正直と息子オックン at 06:08| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 直通信(父・奥山正直 の 将棋 駒箱 製作記) | 更新情報をチェックする