2017年04月27日

直通信598

 街路にある緑地に躑躅が植樹されています。そこにある躑躅は見ごろを向えています。
 
 工房では駒箱の拭き漆の合間をぬって卓上将棋版の駒台も製作中です。拭き漆が終わり落款を押せば完成です。紅葉の縮み杢 サイズ120×120×49mm(二寸盤用)、
 
 制作依頼ある盛り上げ台の制作も始まりました。


20170427 (1)a.jpg
▲見事な縮み杢が有ります。二個の内右側のほうが縮み杢が良く出ていますが実物は同じです。本来一枚の板から木取りしたから木目が繋がっています。
posted by 正直と息子オックン at 12:10| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

直通信597

  昨夕からの雨も上がり今朝は快晴の良い天気、
 
 印籠型駒箱は拭き漆も二回目に入りました、右手が少し不自由ですが工程をこなしています。
 拭き漆を重ねる事20数回しますと塗面が鏡面に近づきます。

20170421 (4)a.jpg
▲これは印籠型なので内箱はこのような形、


20170421 (3)a.jpg
▲一度拭き漆をしますと、接着剤のはみ出しや荒いペーパーのすり跡が見えるので、修正してから次の工程に進みます。



posted by 正直と息子オックン at 11:05| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする