2017年12月09日

直通信639

  ここ数日は晴天続き、外気は寒い・・・近くの神社で殺害事件があった・・・・

  前回のブログに掲載した時の駒箱と同時に制作した作品は、シンガポール在住のK氏が帰国した時、工房に来て購入した物、購入後京都の駒作家熊澤良尊さんに天板の裏側に例の書き込みを依頼していきました。
 完成後の写真を頂いたのがこの写真です。内箱の底板も外箱の天板と同じ杢板にして有ります。

 ※竹井粋鏡氏所蔵の箱も同様の仕上げになっています。

039a.JPG
▲透かし付き印籠型駒箱の外観、今回竜王戦に使用された竹井粋鏡氏所蔵のと同時に作成した物


037a.JPG
▲内箱の底板に注意

posted by 正直と息子オックン at 09:45| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

直通信638

 季節が移り、カレンダーには大雪とあります。
 
 竹井粋鏡氏より暫らく振りの連絡が有りました。将棋竜王戦で羽生挑戦者が勝利し、タイトル獲得した旨など近況・・・・・・羽生さんおめでとうございます。各メデアも絶賛の声・・・
 
 第30期竜王戦第5局に昨年同様に、同氏所蔵の棋具が使用されました。この棋具は竹井さんからの要望で数年前に製作した物、同一の駒箱はシンガポール在住の方が所蔵しています。

第29期(鹿児島県指宿市)竜王戦第4局に使用された思い出の作品です

20140926 (4)a.JPG

▲愛棋家竹井粋鏡氏所蔵の透かし付印籠型駒箱

20120928 (1)b.JPG

▲同氏所蔵の四本脚駒台
 

 ※駒台を製作した当時の図面を見た所 2012.8.20と有ります。駒台の高さは310mm 将棋盤の高さは(T氏に確認)脚込みで322mm 盤の総高さより12mm低く制作してあります。


posted by 正直と息子オックン at 17:43| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする