2017年08月17日

直通信625

 八月に入り連日の雨、これが記録だそうです、13日の大祭は曇り空で水掛祭りの異名が有るこの祭りも水を掛けて欲しくない位でした。

 製作途中だった桐の平箱が完成、内箱の落し蓋のツマミの加工は、丸型彫刻刀で削り込むが深いところは薄いため白熱灯に照らすと明かりが透けて見える。
 ツマム所の細長く残ったところに、薄い桑材を貼る


20170817 (1)a.jpg
▲落し蓋にツマミが付いたところ




posted by 正直と息子オックン at 19:39| 東京 ☁| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

直通信624

 本日は曇天だった、三年に一度の本祭り、幾つかの町会が集まり部会が有るが、その部会ごとに
 集合時間と場所がある。そこに向かうのに早朝から賑やかだった。
 
 製作中だった平箱ももう少しで完成です、今回は内箱の周りに2.5o程の両面に布を貼った枠を回す、そこに落とし蓋が乗るようにした、落し蓋のツマミはこれから行なう、ツマム処が桐だけだと使用頻度が多いと減ってしまう為に島桑の薄いのを貼る。そうして紙の箱に入れて完成です、紙箱から取り出すときはプチプチの両端を持つて引き上げるといい。

20170813 (3)a.jpg
▲桐の平箱

20170813 (2)a.jpg
▲内箱の段は7段にし、傾斜は片側だけ、落し蓋につまみを付ける、ここは桐だと柔らかいのでヘリ易いので桑材を薄くしたのを貼る。



posted by 正直と息子オックン at 15:23| 東京 ☀| Comment(0) | 「直(なお)通信」  -父・奥山正直の将棋駒箱製作日誌- | 更新情報をチェックする